PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201212144784

アイルランドでクリスマスを楽しみマス 〜 アイルランドワーキングホリデー

アイルランドでクリスマスを楽しみマス 〜 アイルランドワーキングホリデー
ムルドワインを作る時に必要なスパイスも、
スーパーマーケットなどで
購入することができます。
 カトリック教徒が人口の多くを占めるアイルランド。それゆえクリスマスは一年で最も大事な行事といっても良いかもしれません。毎年晩秋ごろからすでに完全クリスマスモードに入っているような気がします。お店ではクリスマスの曲が1日中かかりまくり、そのためあるスーパーマーケットに勤める友人の一人は「もうこの時期だけで100年分のクリスマスミュージック聞いてるわよ〜、ちょっとうんざり!」と愚痴をこぼすほど(笑)。
 
アイルランドでクリスマスを楽しみマス 〜 アイルランドワーキングホリデー
寒くて暗いアイルランドの冬も、マーケットの灯りが
心をぽかぽかにしてくれるような気がします。
(画像はイメージ)
 さて、今のこの時期に欠かせないものの一つに、暖か〜いムルドワイン(Mulled Wine)があるます。ご存じ砂糖とスパイスの入ったホットワインで、手作りをする人も少なくないようです。呼び方は違えど同様のドリンクはヨーロッパで広く飲まれています……ドイツやオーストリア、スイスなどのドイツ語圏ではグリューヴァイン(Glühwein)、スウェーデンはグロッグ(glogg)、フランスやベルギーといったフランス語圏ではヴァン・ ショー(Vin chaud)etc.といった具合です。クリスマスの時期にこれらの国へプチ旅行した時、全部現地で試飲してみたのですが、どこの国のものもアイルランドのムルド・ワインと味は似た感じ(&オイシイ!)でした。
 また、近年アイルランドでパワーアップしてきたイベントも存在します――そうそれはクリスマス市!クリスマスマーケットといえば、ドイツやフランスなど欧州大陸だけのもの、といったイメージだったのですが、この国のクリスマス市も大型化してきているように思います。どよーんとして寒くて風が強くて、雨ばかり(まあこれは一年中か)で鬱々する季節ですが、クリスマスイルミネーションの下、友達や恋人、家族とお出かけできる機会が増えるのは嬉しいです(パブ以外に行くところができるっていうのが特に!?)。

 すでにクリスマスまであとわずかになっているので、マーケットもそろそろ折り返し地点を過ぎてしまってはいますが、まだオープンしているところも多いですので、ぜひ訪れてみてくださいね。

●ダブリン●
The Docklands Christmas Market, George's Dock, Dublin

<オープン期間>12月7日〜23日まで。月曜日から金曜日は正午から夜8時まで、週末は午前10時から。約80ほどのお店が出るそうです。クラフトや暖かい食べ物・飲み物など。

●コーク●
Cork Christmas Celebration

<オープン期間>11月30日〜12月2日、12月6日〜9日、12月13日〜23日
<ホームページ(英語)>http://corkchristmascelebration.ie/

●ゴールウェイ●
The Galway Continental Market

<オープン期間>11月23日〜12月22日まで。月〜水曜日 正午から午後8時/木〜日曜日 午前10時から午後10時まで
2012年12月14日(金) written by Uisce 『エール備忘録』 from (アイルランド)


アイルランド関連の記事

[ PR ]