PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
200810242518

「お盆」と「大晦日」な日、ハロウィーン 〜 ワーホリ アイルランド 〜

 「お盆」と「大晦日」な日、ハロウィーン 〜 ワーホリ アイルランド 〜
ハロウィーンの夜にやって来る
子どもたちへのお菓子対策もバッチリ!
 10月の声を聞くか聞かないか、という頃から街中でハロウィーン商戦が始まっている今日この頃ですが、クリスマスと並んでかなり商業的になっているイベントの一つとなってしまいました(苦笑)。
 でも、もともとアイルランド人にとってハロウィーンは元来とても神聖な日だったのです。
 アイリッシュなど、ケルトの人々が昔使用していたケルト暦では、11月1日から新しい一年が始まっていました。
 そして前日(大晦日)の10月31日には「死者に対する祀り」を行っていたのですが、これは10月の終わりで夏が終了し、そして11月から長くて暗い冬が始まるというこの日に、死んだ者たちの魂がこの世に戻ってくると信じていたからでした。

 「お盆」と「大晦日」な日、ハロウィーン 〜 ワーホリ アイルランド 〜
ほ〜ら来たゾ!「Trick or Treat!!」
 何だかまるで、日本の“お盆”のような行事ですよね!そして11月1日には新年を迎えていたのだそうです。ですからハロウィーンというのは、アイルランド人にとって“大晦日”と“お盆”が同時にやってくる日だったのです。
 そういえばアイリッシュの友人の一人も、毎年ハロウィーンの日になると落馬事故で亡くなったダンナさんのお墓参りへと出かけていましたっけ――。
 他にもハロウィーンの日には大きな焚き火を焚いたりする伝統もありますし、「バーンブラック(Barn brack)」というフルーツパンを食べる慣習もあります。
 バーンブラックに指輪やボロ切れ、ナッツなどを入れておき、例えば自分の食べた一切れの中から指輪が出てきたら、その年一年は恋愛が上手くいくとか、もしくは近いうちに結婚するとか信じられていたのだとか。
 そういうわけで、ハロウィーン前になるとこういった“オモチャの指輪入り”バーンブラックがスーパーなどの棚に並んだりもします。

 そして夜には「Trick or Treat!」と近所の子どもたちが、お化けに扮装して家々を回ったりすることがあるので、お菓子も少し用意しておいた方がいいかもしれません。とはいっても、北米ほど盛大に行われているわけではないようですが・・・。
 もし「あんまりそういうのには関わりたくないナー」と気が進まない場合は、居留守を使う(!)か、パブやお友達の家に避難する――というのも一つの手かもしれません。

では、アイルランドより『Happy Halloween!』、そして『よいお年を!(?)』
2008年10月24日(金) written by Uisce 『エール備忘録』 from (アイルランド)
Comment(0)


アイルランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]