PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
200906192842

不景気の中の“勝ち組”?アイルランドのファストフード店 〜 ワーホリ生活 〜

 不景気の中の“勝ち組”?アイルランドのファストフード店 〜 ワーホリ生活 〜
アイリッシュ系ファストフードの代表?
「Supermac’s(スーパーマックス)」
 この不景気で、さまざまなビジネスが縮小したりクローズしていっている中、雨後のタケノコのごとく店舗を増やしている事業がいくつかあります。その中でファストフード産業はその最たるものの一つでしょう。というのも、節約のためレストランなどでの高い外食を控え、その代わりに安価でボリュームのあるファストフードをテイクアウトして自宅で過ごす人たちが増えてきているからなのだとか。
 ちなみにお持ち帰りする時の“テイクアウト”は、アイルランドでは“テイクアウェー(Takeaway)”と言うのが一般的。
 さて、そんなアイルランドのファストフード事情とはいえ、もともとアイリッシュは(も?)ファストフードは大好き!ピザやハンバーガー系のファストフード店は昔からどこにでもごまんとあります。
 日本でもお馴染みのKFCやマクドナルド、サブウェイ、バーガーキングはもちろん、Supermac's(スーパーマックス)やAbrakebabra(アブラケバブラ)といったアイルランド資本のファストフード店も人気があります。

 ただそれでも、日本のファストフード店に比べると、アイルランドのファストフードはかなり割高な印象を受けます。例えばマクドナルドのセットメニューとなると、商品にもよりますがだいたい6〜7ユーロ(約800〜950円)ほどするようです。まあ、確かにレストランで食事するよりは安いですが……。そのためマクドナルドは<ユーロセーバーメニュー>と称した1〜2ユーロのハンバーガーやサンデー、フライドポテトといった商品も用意しており、比較的よく売れているようです。日本の「¥100マック」メニューみたいな感じでしょうか。

 私個人の感想ですが、やはり日本の方がドリンクのチョイスも豊富で、味もいいような気がします。こちらのはボリュームがありますが、味は大味…かもです。でもフライドポテトはアイルランドのものの方がほくほくしていて分厚く、美味しいと思います♪

 アイルランド滞在中、毎回ファストフードで済ませてしまうのは勿体ないですし、健康上にもあまりお勧めできることではないかもしれませんが、日本のファストフードとの違いを見つけて楽んだりする分には良いかもしれませんね!
2009年06月19日(金) written by Uisce 『エール備忘録』 from (アイルランド)
Comment(0)


アイルランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]