PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201110074132

アイルランドの職場では、こんな話で盛り上がる?! 〜 アイルランドワーキングホリデー

アイルランドの職場では、こんな話で盛り上がる?! 〜 アイルランドワーキングホリデー
バカンスの話を同僚たちとしながら、
すでに心は次のホリデーの計画?
 先日新聞を読んでいたら、アイルランド人と“職場”におけるこんな2つの調査がありました。
○サーベイその1○ 〜オンラインショッピング、職場でどれぐらいしてますか?
  雇用関係の法律や福祉等を専門とする会社Peninsulaという会社による調査によれば、勤務する3人に2人が勤務時間中にオンラインショッピングをしているのだそうです。ネットショッピングに費やす時間は8時間、これは恐らく1年間で……だと思います。(週に8時間だったらちょっと多すぎですよね、きっと)。既に今年のクリスマスのことを考え、色々とネットで買い物している人もいる(59%)そうですよ!
 ちなみに私の場合、就業中にネットショッピングすることはないです、周りの目が気になってできないです(苦笑)。帰省する飛行機の予約をするぐらいでしょうか――。

○サーベイその2○ 〜夏の休暇の後、自分たちのホリデーについて同僚とどれだけ話しますか?
 2つ目の調査は、旅行関連サイトLastminute.comのもの。ヨーロッパ人の中で、どの国の人たちが一番同僚たちと「ホリデー・休暇」の話をしているか、という調査内容だったそうですが、アイルランド人が一番自分たちの休暇についておしゃべりしているんだとか。平均時間にして26分(意外に少ない?笑)。しかしこのおしゃべりのせいで会社の生産性ががくっと下がるので、会社にとっては結構な損失になるのかもしれません。

 ちなみに一番勤勉(?)というか、あまり同僚と旅行や休暇の話で盛り上がらない国民はノルウェー人だったそうです。(19分。→結構しゃべってるかも?)

 アイルランド人と休暇の話に戻りますが、まだ話に続きがあります。いかに自分の話が“ウケる”かということに普段から力が入るアイリッシュの人々なので、普通に旅行の話をするはずがありません。多少の脚色やフィクション(ウソ?)も入れて、面白おかしくみんなに話します。実際、「話を脚色する」というアイルランド人は29%いたのだそうですが、その一方で事実のみを淡々と(?)話すのがフランス人とか。

 ワーキングホリデーで渡愛される皆さんは、他の国々を旅行する機会にも恵まれるので、職場でそういった話で盛り上がり過ぎないようにしてくださいね!(笑)

2011年10月07日(金) written by Uisce 『エール備忘録』 from (アイルランド)
Comment(0)


アイルランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]