PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201110214151

アイルランドの「灯台」の中身+ゴースト体験?! 〜 アイルランドワーキングホリデー

アイルランドの「灯台」の中身+ゴースト体験?! 〜 アイルランドワーキングホリデー
アイルランドの灯台は、
素朴なものも多いです。
 アイルランドといえば、いわずとしれたヨーロッパの小さな島国。そういうわけで日本と同様海を四方に囲まれた環境にあります。私の頭の中では、いつも島、そして海、と来れば“連想ゲーム”のごとく、「灯台(Lighthouse)」が浮かびます。
 きっとそれは、アイルランドへ初めて単身やって来てから、なぜかいつも海辺に住まうことが多く、自分の部屋の風景から見えるのがたいてい灯台であったのと、夜には灯台の明かりを見て安心しながら床についていた習慣から来たのだろうなあ、と思います。
アイルランドの「灯台」の中身+ゴースト体験?! 〜 アイルランドワーキングホリデー
灯台内部はこんな感じ。
よく分からない(?)
機械のようなものがいっぱい!
 とはいえ、灯台をたくさんこの国で見ることがあっても、意外にその内部を見る機会はないように思います。ところがある日、よく出かける半島にある小さな灯台が、内部を夏から公開しはじめた――というローカルニュースを読み、やっと行ってみることができました。この半島に来る時はいつも灯台をぐるっと回って歩いたり、サイクリングをして終わるだけだったのが、今回は灯台の中身に入ります!……といってもとても小さい灯台のこと、中は本当に小さな<塔>でしたけどね(苦笑)。それでも何だか新しい経験をしたような気分になり、嬉しかったです。
アイルランドの「灯台」の中身+ゴースト体験?! 〜 アイルランドワーキングホリデー
見慣れているはずの大西洋も、
灯台から見るとちょっぴり違って見えるかも。
 アイルランドの灯台といえば、世界でも最も古い“現役”灯台の一つ、Hook Lighthouseと呼ばれる灯台がウェックスフォード州(Co.Wexford)にあります。黒と白の縞模様でずんぐりむっくり型のこの灯台の姿は、800年間変わっていないそう。初めて建てられたのはなんと13世紀というのですから、もう何世紀もこの場所から海の安全を見守っていたということになります。
このHook Lighthouseも、中を見学することができます。さらに現在は10月31日のハロウィーン直前ということで、10月28日〜31日の間のみ「灯台内ゴーストツアー」も催されるそうですよ!
興味のある方は、記念にアイルランドのオバケたちに挨拶しに行かれてはいかが?(怖)
アイルランドの「灯台」の中身+ゴースト体験?! 〜 アイルランドワーキングホリデー
ゴーストツアー<灯台バージョン>、
滅多にない機会?!
●Hookheadゴーストガイドツアー詳細 
http://www.hookheritage.ie/halloween_2011.html
2011年10月21日(金) written by Uisce 『エール備忘録』 from (アイルランド)
Comment(0)


アイルランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]