PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201205184451

アイルランドの“命の水”とはなんぞや 〜 アイルランドワーキングホリデー

アイルランドの“命の水”とはなんぞや 〜 アイルランドワーキングホリデー
ミドルトン蒸留所内で、
ウィスキーの樽たちがお出迎え。
 アイルランドのお酒・・・といえば、『ギネスビール』なのはほぼ“お約束”(?)ですが、もう一つの“お約束”なお酒といえば、もちろん『アイリッシュウィスキー』!。“ウィスキー”という言葉が、アイルランド語の<uisce beatha(ウィシュケ・バハ)> すなわち「命の水」という意味を表す……という話はよく知られていますよね。
 
アイルランドの“命の水”とはなんぞや 〜 アイルランドワーキングホリデー
アイリッシュウィスキーの一つ、ミドルトン。
 さて、この国に色々あるお酒の博物館――例えばダブリンの『ギネスストアハウス』博物館では、ギネスビールが出来るまでの工程や歴史を見ることができますが、同様にアイリッシュウィスキーの蒸留所でも、アイルランドのウィスキーの歴史や伝統の足跡を辿ることができます。ウィスキーの博物館で有名なのは北アイルランドのブッシュミルズ(Bushmills)や南部コーク(Cork)のミドルトン(Midleton)蒸留所などがありますが、例えばミドルトン蒸留所があるコーク東部は、大麦が育つ肥沃な土壌と地下から湧き出る澄んだ水に恵まれた、まさにウィスキー作りに最適の場所なのだとか。
 通常アイリッシュウィスキーは、アメリカのバーボンウィスキーやスコッチウィスキーに比べ作るのに手間がかかると言われているのですが、それはアメリカのものは蒸留が1度、スコッチでも蒸留が2 度なのに対し、アイリッシュウィスキーは蒸留過程が3度もあるからなのです。そのため、飲んだ時の喉ごしもまろやかで、飲みやすいウィスキーが少なくないように思います。
 お酒に強くないくせになぜかお酒が好き(?)な私は、アイルランドのほぼすべての蒸留所を訪れたこともありますが、たいていツアーがありますので、それに参加されるとより詳しい説明が聞けて楽しいのではないでしょうか。
アイルランドの“命の水”とはなんぞや 〜 アイルランドワーキングホリデー
・ツアーラストで、ウィスキーの
飲み比べをするツアー客たち。
 蒸留所ツアーのラストには、たいていウィスキーの飲み比べもさせてもらえるので、「我こそは!」という方は是非挑戦してみてくださいね!ギネスストアハウスでもギネスビールが1パイントもらえますよ(お酒が苦手な人、未成年者にはオレンジジュースといったソフトドリンクがもらえたと思います)。
 
 こうしてウィスキーの蒸留所でウィスキーが大事に作られていく過程を見ると、ウィスキーをちびちびゆっくり味わいながら飲むべきだなあ、としみじみ思いました。余談ですが、数あるアイリッシュウィスキーの中でも<ミドルトン>というウィスキーは、アイリッシュウィスキーの中のウィスキーだそうで、それゆえお値 段もかなりスゴイです(笑)。でも味もと〜っても美味!なのだそうですョ。
2012年05月18日(金) written by Uisce 『エール備忘録』 from (アイルランド)
Comment(0)


アイルランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]