PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201701106155

アイルランドおススメ「トップ10」 〜 アイルランドワーキングホリデー

アイルランドおススメ「トップ10」 〜 アイルランドワーキングホリデー
アイルランドおススメ都市1位のダブリン。

 明けましておめでとうございます。アイルランドで年越しをされた方はいかがでしたか。日本の年末年始に比べると、物足りなさの方が大きいと私は思ってしまうのですが、お友達や気の置けない人たちとパーティなどで盛り上がって楽しかった!という人の話も聞くので、自分次第でつまらなくも楽しくもなるのが海外生活の醍醐味なのかもしれませんね(汗)。

アイルランドおススメ「トップ10」 〜 アイルランドワーキングホリデー
クレア州ドロモランド城。
U2やブッシュ前アメリカ大統領なども
宿泊されたことがある5つ星ホテル。

 今年の抱負はどうしよう、とか今年アイルランドやヨーロッパのどこを旅しようなどと夢を膨らませるワーホリメーカーさんや留学生さんも多いかもしれません。
 少し古い情報なのですが、昨年トリップアドバイザーが「おススメのアイルランド・訪ねるべき町ベスト10」を発表していたのを思い出したので、ここに挙げてみました。



10位 ニューマーケット・オン・ファーガス(クレア州)
Newmarket-on-Fegus,Co Clare

9位 スライゴ―
Sligo

8位 ドネゴールタウン
Donegal

7位 ウェストポート(メイヨ―州)
Westport, Co. Mayo

6位 コング(メイヨ―州)
Cong,Co.Mayo

5位 コーク
Cork

4位 ディングル(ケリー州)
Dingle,Co.Kerry

3位 ゴールウェイ
Galway

2位 キラーニ―(ケリー州)
Killarney, Co.Kerry

1位 ダブリン
Dublin


アイルランドおススメ「トップ10」 〜 アイルランドワーキングホリデー
ドロモランド城の壁庭。
春〜夏にかけて色々な花が咲きカフェもあります。

 納得?それとも意外?私はダブリンに住んだことがないので、ダブリンを訪れるとアイルランドのようでアイルランドではないような場所にいる気分になり、少し落ち着かない気持ちになります、なぜだろう……(笑)。
個人的には2位から5位までの街や州はアイルランドらしい風景や建物、人々に会えそうなそんな所なので、私も好きな町です。
メイヨ―州は自然がいっぱいで、まだコングなど訪れたことがない場所も多いので、いつか訪れたいです。

アイルランドおススメ「トップ10」 〜 アイルランドワーキングホリデー
ニューマーケットオンファーガス近くの村にある
ナポーグ城(Knappogue castle)では、
中世風晩さん会も。

 10位のニューマーケットオンファーガス(クレア州)がランクインした理由がよく分からなかったのですが(とても小さな村で特に何もないので)、近隣にドロモランド城があったり、ナポーグ城やバンラッティ城がそう遠くないところにあったり(ここで中世風晩さん会も行われています!)、クレア州の州都エニス(Ennis)が近かったりと色々な村や町にアクセスしやすいからかな、と思いました。
 さて、みなさんの今年のアイルランド旅行のご予定はどこですか?



2017年01月10日(火) written by Uisce 『エール備忘録』 from (アイルランド)
Comment(0)


アイルランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]