PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
200901162617

危険!?・・・・・・甘〜いお菓子の誘惑 〜 ワーホリアイルランド 〜

危険!?・・・・・・甘〜いお菓子の誘惑 〜 ワーホリアイルランド 〜
お菓子お菓子お菓子・・・・・・
誘惑に負けそうです。
 アイルランドの寒くて冷たい冬の期間、どうしても暖かい室内でお菓子をぽりぽり・・・・・とやりたくなります。初めてアイルランドのスーパーマーケットに出かけた時、圧倒されたのはお菓子コーナーの充実度!
 新鮮な野菜が殆ど売られていない“おわび”(?)なのか、ビスケットやらキャンディー、チョコレートといったお菓子たちがバラエティーも豊かに、大きく高い棚(手が届かない・・・泣)にぎっしりと陳列されているのです。
 そういうわけで、来た当初は“食べ比べ”と称して色んなお菓子を食べまくりました!まず最初にはまったのは、紅茶と一緒によく出てくるようなダイジェスティブビスケット。紅茶にとってもよく合うのでお気に入りです。
 その次は『ジャファケーク(Jaffa Cakes)』と呼ばれるチョコレートでコーティングされたビスケット。中にオレンジジャムが入っていて、食べはじめると止まりませんでした(笑)。

 チョコレートの種類もたくさんあり、アイリッシュチョコレートのファンだという観光客や在住者はたくさんいます。アイルランド人は甘党の人が多いので、こういった豊富な菓子揃えになるのでしょう。
 それからもちろん忘れてはいけないポテトチップスの類。色んなメーカーから出ていますが、人気のメーカーは『Tayto(テイトウ)』というアイルランドのもの。アイルランドでは“ポテトチップス”なら何でも『テイトウ』と呼ぶのが一般的なようです。(『絆創膏』を商標名の“バンドエイド”などと呼ぶのと同じような感覚でしょうか)

 上記のようなお菓子たちの誘惑に現在も負けないよう闘うのは大変(笑)!量も多く値段も安いのでついついまとめ買いしてしまいますが、日本へのお土産には最適だな〜、とも思います。
 皆さんもくれぐれも食べすぎには気をつけてくださいネ、街行くアイリッシュたちを見ていたら一目瞭然(!)かもしれませんが、こういったお菓子を食べ過ぎるきらいのあるアイリッシュの肥満率、結構高いのです――。
2009年01月16日(金) written by Uisce 『エール備忘録』 from (アイルランド)
Comment(0)


アイルランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]