PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201502245764

ダブリンでのバレンタインイベント 〜 アイルランドワーキングホリデー

ダブリンでのバレンタインイベント 〜 アイルランドワーキングホリデー
気持ちをチョークで書いて、伝えましょう

 皆さんこんにちは。2月になりすでに暦の上では春ですね。朝晩少し暖かくなり、太陽も顔を見せることが多くなった気もします。気のせいでしょうか。
 2月はバレンタインの月ですね。バレンタイン当日は、恋人がデートしたりで町はカップルでいっぱい、レストランもカップルだらけなので、独身にとってはちょっと辛い日でしょうか。

 でもアイルランドではこの日を逆手にとって、ダンスクラブでは、「独身の人集まってこい!反バレンタインデー」なんていうタイトルのイベントで盛り上がっているところもありました。町中の独身の人々が集まって新しい出会いを見つけるというわけです。素敵ではありませんか。

 一般的によく、欧米のバレンタインは男性が主体となり、女性をお姫様のように扱ってくれる日ですが、アイルランドも同様、男性がこの日は料理をしたり、ご飯につれていってくれたり、ばらやカーネーションをくれたり、いたれりつくせりの日です。

 今年、たまたま町を歩いていたら「ダブリンの町に恋をして」をタイトルに、バレンタインに好きな人へ気持ちをチョークで書いて、伝えましょう、ダブリンの町のよさを書いて伝えましょう、といったイベントがリフィー川でやっていました。主催はDublin Council、ダブリンシティーカウンシルです。

 川を渡る人に声をかけて色々メッセージを書き込んでもらったりしていましたね。カーネーションも配っていてなんだか活気のあるすごくいい雰囲気。こんなイベントがしょっちゅうあったらいいのになあ、と思いました。


 ランダムのイベントだったので特に計画もなく、歩いていたらたまたま見つけた今回のイベント。ダブリンはアート的なちょっとユニークな建物(これについてはまた別の記事でご紹介しましょう。)、イベントがあったりもするところです。なかなかクールな場所なんです。



2015年02月24日(火) written by Milly from (アイルランド)
Comment(0)


アイルランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]