ワーホリネット | ワーキングホリデーとは
20180424459

YMS(イギリスワーキングホリデー)Visa4UK予約システム復旧、翌月の予約が可能に

YMS(イギリスワーキングホリデー)Visa4UK予約システム復旧、翌月の予約が可能に 1 ワーキングホリデー ニュース 最新情報

 UK Visas and immigrationのオンライン申請システム「Visa4UK」でシステムの不具合により、英国ビザ申請センターの予約にトラブルが生じていましたが、2018年4月24日に復旧しました。
現在、2018年5月以降の予約がVisa4UKで可能となっています。

通常、オンライン上の予約カレンダーは毎月15日(月半ば)を過ぎると、翌月の予約が可能になりますが、今回、翌月以降の予約カレンダーが表示されず新規予約または予約変更が出来なくなっていました。


 復旧については、下記の苦情申し立てページより申請者の苦情が殺到したため、週明けの23日にHOME OFFICE 英国内務省が、申請の予約を管轄している英国ビザ申請センター(VFS Global社)に対してカレンダーのアップデートを要請したところ、英国ビザ申請センターが23日から24日にかけて対応した模様です。


 予約なしでパスポートと申請書を提出することは可能でしたが、「ウォークイン・ウィズアウトアポイントメント」という名称で有料サービスになっているので、英国ビザ申請センターに対して苦情が相次いだようです。


以後、英国ビザ申請センターのトラブルが起きた場合は、あわてず冷静に苦情を申し立てることが必要です。

ビザ申請センターには直接問い合わせが出来ませんが、UKVI(英国政府)にはオンラインで苦情連絡ができるようになっています。
Complaints procedure (UK Visas and Immigration)
https://eforms.homeoffice.gov.uk/outreach/_static/ukvi-international-complaints.html
※注意事項:質問の問合せ先ではなく「苦情」の申し立て先です。返答はありません。




カレンダーに表示されない後の日に、英国ビザ申請センターの来館を予約したい場合
https://workingholiday-net.com/UnitedKingdom/visa/evisa/YMS-Book.html#u2

イギリスYMSセミナー
https://workingholiday-net.com/seminar/uk_yms.html



【関連記事】

Youth Mobility Scheme予約システムトラブル、申請料金支払期限後に来館予約のキャンセル操作はしないこと
https://workingholiday-net.com/WhatsNew/a20180418458.html

Youth Mobility Schemeビザ申請書のやり直しに注意
https://workingholiday-net.com/WhatsNew/a20171212453.html



2018年04月24日(火) written by ワーホリネット from (イギリス)


イギリス関連の記事

[ PR ]

 

[ PR ]