ワーホリネット | ワーキングホリデーとは
20171219454

Youth Mobility Schemeビザ抽選、iPhoneや携帯専用メールアドレスに注意 Visa4UKログインができなくなる可能性

Youth Mobility Schemeビザ抽選、iPhoneや携帯専用メールアドレスに注意 Visa4UKログインができなくなる可能性

 Youth Mobility Scheme(YMS、俗称イギリスワーキングホリデー)の申請書をオンラインで作成する際には、当選したメールアドレスにてVisa4UKのアカウントを作成する必要があります。この際、ログイン時のシステムトラブルを想定して、抽選時にはiPhoneや携帯専用メールアドレスをなるべく避ける必要があります。
具体的に、トラブルが起きやすい携帯専用メールアドレスは、「docomo.ne.jp」「i.softbank.jp」「ezweb.ne.jp」です。


Visa4UKのシステムはパスワードを数回間違えるとロックがかかってしまうので、ロック解除するために「パスワードを忘れた」で再設定することになります。通常は「パスワードを忘れた」リンクをクリックすることで「ロック解除コード」をメールで受け取り、ロック解除のURLにアクセスすることで解除となります。

 しかし、iPhoneやスマートフォンでこの操作を行おうとすると必ずエラーとなってアカウントの復旧ができません。
このような場合は、iPhoneやスマートフォンから操作するのでなく、パソコンから操作する必要があります。もしパソコンを所有していないのであれば、知人のものを借りたり、ネットカフェ等で行います。

ただし、MacOSではうまくいかないので、ロック解除の再設定はなるべくWindowsのパソコンで操作する必要があります。

Visa4UKのシステムは基本的にMacOSやスマートフォンに対応していないので、特にセキュリティに関わるパスワードなどの設定では不具合が生じ、「アクションが起きない」「フリーズする」「メールが届かない」など致命的な不具合がおきます。

オンラインシステムでロック状態になってもビザが無効になることはありませんが、Visa4UKにログインできなければ予約票もビザ申請書も印刷できないので英国ビザ申請センターへの提出はできません。

ロック状態をそのまま放置したり、当選の時とは関係のないメールアドレスで新たにアカウントを作成して申請書を作成したりすると、当選が無効になってしまいます。


 よって事前にトラブルを防止するために、YMSの抽選エントリー時に登録するメールアドレスは携帯やスマートフォン専用のメールアドレスを用いないで、「Gmail」や「Yahoo!メール」、「Hotmail(Outlook)」などパソコンでもスマートフォンでも両方で送受信できるメールアドレスの使用を推奨しています。

また、Windowsの場合は、ブラウザはInternet Explorer 11、もしくはFirefoxを使用し、MacOSの場合は、ブラウザは標準のSafariでなく、Firefoxの使用を推奨しています。



 
Firefox ブラウザ
https://www.mozilla.org/ja/firefox/new/


Youth Mobility Schemeビザ抽選方法
http://workingholiday-net.com/UnitedKingdom/visa/evisa/mailLottery.html

2017年12月19日(火) written by ワーホリネット from (イギリス)


イギリス関連の記事

[ PR ]

 

[ PR ]