ワーホリネット | ワーキングホリデーとは
20090424208

ワーホリイギリスビザ申請 資金事前保持ルール撤廃

ワーホリイギリスビザ申請 資金事前保持ルール撤廃

2009イギリスワーキングホリデー(Youth Mobility Scheme)のビザに関して、英国ビザセンターの発表によりますと、ビザ申請の条件にある資金を証明するために最低1〜3ヵ月継続して£1,600相当額必要とされていましたが、このルールがなくなりました。

現在はYMSガイダンスに記載されている1ヵ月保持ルールも撤廃されており、申請者はある程度の期間£1,600相当額を用意するだけで、イギリスビザの申請が可能になります。「ある程度の期間」とは、申請者本人の判断に委ねるとしていますが、ルールはありません。ただし、直前(申請日当日や数日前)に用意したものは不可となる可能性がありますので、余裕をもったほうが良いようです。

これまで、申請日から遡って最低1〜3ヵ月前£1,600相当額を保持していることが申請の条件になっており、多くの人が申請できない状況にありましたが、今回の撤廃で、通帳の名義部分の翻訳さえあれば、より早い申請が可能になります。(通帳が日本語の場合は翻訳が必要)

£1,600相当額は1£=150円で計算され、現在の日本円で、約24万円となります。


詳しくは、ワーホリネット イギリスワーキングホリデー情報
http://workingholiday-net.com/UnitedKingdom/


2009年04月24日(金) written by ワーホリネット from (イギリス)


イギリス関連の記事

[ PR ]

 

[ PR ]