ワーホリネット | ワーキングホリデーとは
20150410406

イギリスYMS(ワーキングホリデー)申請方法変更、負担増してNHS加入義務に

イギリスYMS(ワーキングホリデー)申請方法変更、負担増してNHS加入義務に

 2015年4月1日、UK Visas and immigration(HOME OFFICE 英国内務省)より、Youth Mobility Scheme 「YMS 通称:イギリスワーキングホリデー(ワーホリ)」の改定があったと発表されました。
イギリスYouth Mobility Scheme申請方法が、2015年4月6日以降変更になります。

 これまで、加入義務のなかった英国のNHS(健康保険料)が義務付けられ、申請前にインターネットで保険料を支払う必要が生じます。

Youth Mobility Scheme 「通称:イギリスワーキングホリデー(ワーホリ)」の場合は、2年間の料金が徴収されることになり、£400(72,000円 2015年4月現在)となります。
よって、現在YMSの申請料金が£208ですから、YMSビザを取得するために合計£608(109,440円 2015年4月現在)を支払うことになります。

 英国のNHS(健康保険料)とは、財源が英国の税金で賄われており、日本人でも英国で医療が無料で受けられるものですが、これまで英国入国後に任意に加入すればよかったものが、ビザ申請前に加入義務になり、本来英国で職に就けば税金として給与からNHS(健康保険料)が引かれる仕組みだったものが、今回の改定で事前に保険料を徴収されることになりました。


 申請者の負担が増しますが、この改定は、2015年4月5日以前にオンラインで申請料金を既に支払った日本人は対象となりません。

なお、英国ビザの申請には、一般の損害保険会社の海外旅行保険(ワーキングホリデー 保険)の加入義務はありませんので混同しないよう注意が必要です。


NHS健康保険料の登録と支払い方法の日本語見本(ワーホリネット)
http://workingholiday-net.com/UnitedKingdom/visa/evisa/NHS.html


英国による健康保険料の導入(英国内務省)日本語版PDF
http://www.vfsglobal.co.uk/japan/Japanese/pdf/health_surcharge_immigrants_010415.pdf


健康保険料の支払い方法(英国内務省)
https://www.gov.uk/healthcare-immigration-application/overview


Youth Mobility Scheme イギリスワーキングホリデー情報
http://workingholiday-net.com/UnitedKingdom/

イギリスYMS申請方法
http://workingholiday-net.com/UnitedKingdom/visa/evisa/



2015年04月10日(金) written by ワーホリネット from (イギリス)


イギリス関連の記事

[ PR ]

 

[ PR ]