ワーホリネット | ワーキングホリデーとは
20141113393

2014イギリスYMSビザ申請期間が再び変更、申請は2014年12月末まで

2014イギリスYMSビザ申請期間が再び変更、申請は2014年12月末まで
 2014年11月13日のVFS Global(英国ビザセンター)の発表によりますと、2014年Youth Mobility Scheme(俗称:イギリスワーキングホリデー)ビザ申請は、2014年12月31日(水)まで来館して申請すればよいとしています。前回の2014年7月の発表内容(11月30日まで提出が必要)を撤回し、再び申請期間を変更した結果になっています。

なお、申請料金の支払いとオンライン作成も、2014年12月中でも可能としています。(ただし、現在は申請料金の支払日から3ヶ月以内を英国入国予定日とする。

 日本での英国ビザの申請については民間の委託会社のVFS Global(英国ビザセンター:以下、ビザセンター)が担当していますが、ビザ申請について英国内務省(Home Office)と認識のズレが度々あり、前回の発表で「11月30日まで」としていたのも、ビザセンター独自の見解と推察されます。なおこの時も、英国内務省(Home Office)と在マニラ英国大使館では、2014年12月31日まででよいとしていました。

 しかし申請者はビザセンターの情報に従うしかなく、前回の発表で申請を早めた申請者もいて渡航日を一ヶ月前倒しした方も多かったようです。

ビザセンターが見解を誤ったのは、在マニラ英国大使館が当選者に宛てたメールの文面によります。在マニラ英国大使館のメールによると、(原文)
you can apply for your visa up to three months before entering the United Kingdom but no later than December 2014.
となっており、"no later than December 2014"を「12月より後に申請ができない」と解釈したのが原因です。
在マニラ英国大使館によれば、"no later than 31st December 2014"のつもりだったようで、正しくは「2014年12月31日より後に申請ができない」となります。

なお、現在は、英国政府内務省、英国大使館、ビザセンターどちらも、2014年12月31日まで可能としています。

 今回は、ワーホリネット(ワーキングホリデーネットワーク)からの再三の指摘により、ビザセンターが在マニラ英国大使館に確認をとり直し、正しい申請期限に修正した結果になっています。

 先日2015年度YMS申請の要綱が発表されましたが、毎年YMS申請は変更が多いため、今後も申請前には変更点がないかどうかを確認する必要があります。


VFS Global(英国ビザセンター)
http://www.vfsglobal.co.uk/japan/Japanese/applicationcentre.html

UK Visas and Immigration(英国内務省 Home Office)
https://www.gov.uk/tier-5-youth-mobility

YMS(Youth Mobility Scheme)申請方法の日本語解説
http://workingholiday-net.com/UnitedKingdom/visa/evisa/
2014年11月13日(木) written by ワーホリネット from (イギリス)


イギリス関連の記事

[ PR ]

 

[ PR ]