ワーホリネット | ワーキングホリデーとは
20180611460

2018年度Youth Mobility Scheme(イギリスワーキングホリデー)第2回抽選発表 7月23日開始

2018年度Youth Mobility Scheme(イギリスワーキングホリデー)第2回抽選発表 7月23日開始

 英国大使館によりますと2018年6月11日、2018年度日本のYouth Mobility Scheme(YMS、イギリスワーキングホリデー)第2回抽選募集は、2018年7月23日に開始されるとアナウンスされています。



年間1000人の定員が、1月と7月に行われる2回の抽選へ分けられ、2018年1月に行われた第一回目の抽選にて800名が選ばれています。
そして、残り200名が2018年7月に行われる第二回目の抽選にて選ばれます。
定員 1000人
期間 2年間有効(就労と就学が可能)
年齢 18歳以上30歳以下(渡航は31歳でも可)
代理による申請はできません。
英国内での申請はできません。


応募者は、昨年同様にランダムな選択方式を導入するとしています。


 第二回目の応募方法も、メールアドレスでの抽選となり、2018年7月23日(月)12時(正午)から7月25日(水)12時(正午)にかけてエントリーし、2018年8月1日(水)に200人の当選者がランダムに選択されます。
この確認メールを受け取った人だけがYMSビザを申請する権利を得ることができることになりますが、英国以外の海外からも申請することができますので、当選した場合は、現在在住の国で申請することが可能です。

当選者については、申請可能通知と予約方法の詳細およびYouth Mobility Schemeビザ申請に必要な書類に関する2通目のメールの指示に従い、来館日を予約し申請することになります。

2018年度の第二回目では、まず当選者は、2018年9月30日までにオンライン申請、クレジットカードによるオンラインでの申請料金の支払いを完了する必要があります。この期日までに申請料金の支払いが完了しない場合、自動的に当選リストより削除され、当選が取り消されます。

また、申請書類の提出期限は、申請料金の支払い後から90日以内となっています。

当選しなかった場合は、8月3日(金)に落選メールが送られます。

申請が許可された場合、2年間有効のビザが発給され、この間の英国出入国は自由となります。

ワーホリネットのワーキングホリデーセミナーでは英国ビザを熟知した専門家が英国生活の情報を交えながらYMSビザを分かりやすく解説します。
https://workingholiday-net.com/seminar/uk_yms.html

 詳しい解説はこちら
https://workingholiday-net.com/UnitedKingdom/visa/evisa/mailLottery.html

Youth Mobility Scheme 2018 (日本国籍者)-第2回抽選 英国大使館
https://www.gov.uk/government/news/youth-mobility-scheme-2018-for-japanese-nationals-2nd-ballot.ja


Youth Mobility Scheme 2018 申請方法
https://workingholiday-net.com/UnitedKingdom/visa/evisa/Lottery.html


イギリスワーキングホリデー ワーホリネット
https://workingholiday-net.com/UnitedKingdom/



2018年06月11日(月) written by ワーホリネット from (イギリス)


イギリス関連の記事

[ PR ]

 

[ PR ]