ワーホリネット | ワーキングホリデーとは
20161229430

2016年度YMS申請 英国ビザ申請センターの誤情報に注意

2016年度YMS申請 英国ビザ申請センターの誤情報に注意

 2016年度Youth Mobility Scheme(YMS)(俗称:イギリスワーキングホリデー)申請も最終を迎えて混雑していますが、ここにきて英国ビザ申請センターの職員による勘違いが、申請者の混乱を招いているようです。

英国ビザ申請センターでは、「2016年12月31日までに料金の支いが済んでいれば、英国ビザ申請センターで申請書を提出するのは2017年1月以降でかまわない」と誤った情報を申請者に伝えており、間違いが拡散していますので注意が必要です。


 確かに、2015年度の場合は大丈夫でしたが、2016年度はそれができなくなりました。英国内務省による、世界の英国ビザ審査機関で基準を統一しようとしたことが理由です。
「申請日とは申請料金支払日」の事ではありますが、2016年の申請については、「支払い」も「提出」も両方年内に終えなくてはいけません。


・2016年Youth Mobility Scheme 申請方法変更、申請書の提出は12月30日までに。
(2016年10月29日付 ワーホリネット記事) 
http://workingholiday-net.com/WhatsNew/weblog/article-20161029427.html

この記事による変更内容を、英国ビザ申請センター内で周知されておらず、混乱が生じています。年内に申請書を提出しなかった場合は、その後翌年1月以降に提出されても審査対象にならない可能性がありますから注意が必要です。


 英国ビザ申請センターは政府の機関ではなく、VFSグローバルという営利目的の会社になります。VFSグローバルは、申請書の受理を英国政府から委託された会社であり、職員は申請書を受け取る事だけが仕事となっています。職員は政府の役人でもビザの専門家でもないので、ビザの最新情報についてよく知らないことがあります。

英国ビザ申請センターでは基本的に12月31日までに支払いが行われたものに対して3月31日までビザ申請受付を行っています。ただそれは、申請書の受け取り期間が3ヶ月間という事務的ルールに従っているだけで、申請書の受付はするものの、その後の審査がどうなるかまでは実際のところ職員には全く知らされません。



 2016年度のYMSビザ申請は、2016年12月30日までに英国ビザ申請センターに申請書を提出する必要があります。

以下の英文は、政府「英国内務省(HOME OFFICE)」からの情報です。
If you wish to apply for a 2016 YMS visa, you should submit your application at the visa application centre by 30 December 2016.
Please bear in mind that quite a few numbers of the last minutes YMS applicants will be expected in December.




英国ビザに関する質問は以下の英国政府のページのEmail formで受付ていますが、注意しなくていけないのは、Call usでの電話では正確な情報を聞くことができませんのでEmail formを使用し日本語で問合せをする必要があります。

UK Visas and Immigration International Enquiry Service
https://ukvi-international.faq-help.com/




2016年12月29日(木) written by ワーホリネット from (イギリス)


イギリス関連の記事

[ PR ]

 

[ PR ]