ワーホリネット | ワーキングホリデーとは
20141111391

イギリスYMS(ワーキングホリデー)申請でAppendix 7の提出が不要に

イギリスYMS(ワーキングホリデー)申請でAppendix 7の提出が不要に
日本人の英国ビザを審査している、在マニラ英国大使館(British Embassy Manila)によりますと、YMS申請の際に手書きで記入する申請書のAppendix 7について、現在は提出が不要であると発表しました。

英国ビザ申請には、PBS(ポイント・ベース・システム)と呼ばれるポイントシステムがあり、国籍条件(30点)、年齢条件(10点)、資金条件(10点)の合計50点満点の点数を自己採点することになっています。なお、50点満点でないとビザ申請ができません。

Appendix 7はこのポイントの結果を手書きで記入する書類で、YMS申請のオンラインシステム(以下 visa4uk)で作成する申請書(VAF9)に添付するものでしたが、2014年11月現在は提出が不要となっています。
これは、現在のvisa4ukにPBSのポイントを記入する項目が新設されたためとしています。

なお、2014年11月現在、UK Visas and ImmigrationのYMSビザ概要のホームページには、「full list of documents」というタイトルで、Appendix 7提出の説明がありますが、これはまもなく修正される予定です。
ただし、修正されていなくても、今後、日本人の場合はAppendix 7の提出は不要です。



Youth Mobility Scheme
イギリスYMS(ワーキングホリデー)
http://workingholiday-net.com/UnitedKingdom/

visa4ukの「Tier 5 YMS」項目の記入例
http://workingholiday-net.com/UnitedKingdom/visa/evisa/YMS-VAF9.html#u3

2014年11月11日(火) written by ワーホリネット from (イギリス)


イギリス関連の記事

[ PR ]

 

[ PR ]