ワーホリネット | ワーキングホリデーとは
20171212453

Youth Mobility Schemeビザ申請書のやり直しに注意 ビザ申請書の修正は手書きで

Youth Mobility Schemeビザ申請書のやり直しに注意 ビザ申請書の修正は手書きで

 英国のYMS(Youth Mobility Scheme)(俗称:イギリスワーキングホリデー)ビザ申請書について、Visa4UK(オンライン申請システム)で入力ミスをした場合の解決方法をUKVI(英国政府)に問合せすると、「該当の申請書をオンラインでキャンセルしてRefund(申請料金の返還手続き)した後に、Visa4UKで再申請するよう」アドバイスされますが、「その通りにキャンセルを実行してしまうとYMSの当選が取り消される」ので注意が必要です。

YMSのガイダンスに申請日(Date of application)とは「申請料金の支払日(the date shown on your payment receipt)」と明記されていますが、年二回の「申請料金の支払日」の期限は、1月の当選者が3月30日、7月の当選者が9月30日とされています。
注意しなくてはいけないのは、一旦、期限内に料金の支払いを完了したからといって、「支払い期限後にもう一度申請書の作成をオンラインでやり直すと当選が取り消される」という点です。


 ビザの修正が必要な時は、オンラインでキャンセルしてRefund(申請料金の返還手続き)後に再申請するのではなく、「紙に印刷した申請書に手書きで修正する」のが最も安全で確実な方法です。
Visa4UKにてオンラインで作成する申請書は同時に申請料金も支払うことになるので、APPLICATION DAY(申請日)の項目に「申請料金の支払日」が明記されます。
修正しようとオンラインで申請をやり直してしまうと、APPLICATION DAYも変更されてしまい、これが期限を過ぎているとYMSの当選が取り消されて失格になります。

基本的に英国ビザ申請書の修正は手書きによるもので十分であり、印刷された「紙」の申請書の誤り部分を二重線で引き、手書きで丁寧に記せば問題ありません。
修正テープや白インクで塗りつぶすさず、「修正前と修正後が分かるように二重線で消す」必要がありますが、手で修正した横には必ず「パスポートと同じ自署」を記します。



 問題になっている英国のビザの問合せ先ですが、UKVI(英国政府)が直接運営しているのではなく、委託された民間企業が代行して行っているので、「非常に無責任な回答することが多く」注意が必要です。
担当者は、マニュアルにある事柄には答えられますが、各々のビザの詳細や、国別のルール、特に日本人のYMSについては精通していません。
ゆえに、担当者は「日本のYMSに、申請料金支払いの期限がある事」を知らず、学生ビザ等のように通年申請可能なビザと同様に考え、ビザの修正は該当の申請書をキャンセルすればよいと回答してきますが、YMSの場合はその方法が間違っていますのでUKVIの言うことだと思って信用してはいけません。


 「申請料金の支払日」の期限後にビザの修正が必要な時は、絶対にRefund(申請料金の返還手続き)をしないで、「紙に印刷した申請書に手書きで修正」するようにしましょう。



YMSビザオンライン申請解説ページ
http://workingholiday-net.com/UnitedKingdom/visa/evisa/


Youth Mobility Scheme 2018 (日本国籍者)
https://www.gov.uk/government/news/youth-mobility-scheme-2018-for-japanese-nationals.ja


Youth Mobility Schemeガイダンス
Guidance on visa applications under Tier 5 (Youth Mobility Scheme)
https://www.gov.uk/government/publications/guidance-on-visa-applications-under-tier-5-youth-mobility-scheme


Youth Mobility Scheme 2018の詳しい申請方法の解説
http://workingholiday-net.com/UnitedKingdom/visa/evisa/Lottery.html


UKVI(英国政府)に問合せを委託された民間企業について
http://workingholiday-net.com/WhatsNew/weblog/article-20170620445.html


2017年12月12日(火) written by ワーホリネット from (イギリス)


イギリス関連の記事

[ PR ]

 

[ PR ]