ワーキングホリデー情報 ワーホリネット Working Holiday Network

top

ホーム


ワーキングホリデー資料請求女性プラン

ワーキングホリデーとは

ワーキングホリデー(ワーホリ)は、国際理解を深めることを目的として、 海外での休暇の機会と、その資金を補うための一時的な就労の機会を与える制度です。ワーキング(働きながら)+ホリデー(休暇)という意味です。

現在、ワーホリビザ対象の国は、アジア・オセアニアでは韓国台湾香港オーストラリアニュージーランド、北米ではカナダ、ヨーロッパではフランスドイツアイルランドデンマークノルウェー、ポーランド、ポルトガル、スロバキア、オーストリア、ハンガリー、スペイン、アルゼンチン、チェコ、チリの20カ国と、青年交流制度Youth Mobility Scheme(※ワーキングホリデービザでなく就労ビザ)のイギリス1カ国です。

ワーキングホリデーとは別にワーク・ホリデー制度というのがあり、現在対象国はシンガポールの1か国です。

ビザの有効期間は12ヶ月(イギリスはワーキングホリデービザではなく就労ビザ24ヶ月、台湾は180日、オーストリアは6ヶ月、シンガポールのワーク・ホリデーは6ヶ月)ですが、休暇を目的としている為、就労や就学については期間に制限があります。ただし、イギリスと韓国については期間制限がありません。イギリスは最長2年間の就労と就学が認められています。韓国は最長1年間の就労と就学が認められています。

ビザの有効期間内であれば出入国は自由です。日本への一時帰国もできます。ただし韓国については韓国出国前に再入国手続きをする必要があります。

このワーホリビザを取得できるのは、1ヵ国につき一度だけ。同じ国に二度ワーキングホリデーで行くことはできません(※オーストラリアワーホリは条件付で2度渡航できます。セカンドワーホリ。ニュージーランドは条件付でワーキングホリデー期間を3ヶ月延長できます。台湾は無条件でワーキングホリデー期間を180日延長できます)。同じ国でも、観光や留学のビザなら再渡航することはできます(現地でビザを切り替えて滞在が延長できるとは限りません)。
別の国なら、年齢などの条件をクリアしていれば取得は可能です。オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、イギリス、ドイツは海外から申請が可能です。

「同じ国に」ワーキングホリデーで行くチャンスは、一生に一度だけ。一度しかない貴重なチャンスをフルに生かしてください。※一カ国一回が基本です。 また20代後半、年齢オーバー(ギリギリワーホリ。世間では略してギリホリと呼ばれてます。)が近づいて申請する人も多い。男女の比率だと女性が7割を占めています。


ワーホリブログ ワーキングホリデー生活情報

 

 

 

 

 


ワーホリネットとは

国ごとに、ワーキングホリデーのビザ 情報、ワーホリビザ手続き方法、ワーホリビザ申請 方法、ワーホリビザ 取得 方法、 渡航情報生活情報を無料で提供する非営利ワーキングホリデ(ワーホリ)情報専門の生活情報ポータルサイトです。

オフィシャルブログのワーキングホリデー通信では、 専属ライターが各国からのワーキングホリデー生活情報の生情報をお伝えしています。
また、留学エージェントの女性向けプランワーキングホリデー資料請求をご紹介させていただいています。



ワーキングホリデーの旅行保険女性向け ワーホリ保険

保険料ばかりに気をとらわれてませんか?

でも実際に契約する時「どんな 保険 に 入ったら良いのか…」「 ワーホリ 保険 どうする ?」「 ワーホリ 保険 格安 がいい…」と迷う皆さんも多いはず。保険料も結構な金額になりますから「少しでも安くて安心できるものを」というのは共通の悩みですね。

そこでワーホリを知り尽くした『ワーホリ ネット』が留学・ワーキングホリデーの保険を共同開発。長期用にイギリスワーキングホリデー保険(イギリスワーホリ保険)のプランをはじめ、よりワイドな保障を受けられる各種プランをご用意いたしました。




非営利運営法人 | 広告掲載 | Site Map | 個人情報ポリシー | お問合せ | 地図検索
掲載されている見出し・記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。[転載について]
(C) 2018 ワーホリネット Working Holiday Network All rights Reserved.
ワーホリネット