イギリスYMS(Tier 5 ユース・モビリティ・スキーム  ) ワーキングホリデー

2018年度Youth Mobility Scheme抽選応募方法

留学・ワーキングホリデーの業者を通さずに、ビザを確実にとりたい方必見。

 

 

ワーキングホリデーNEWSトピックス

 

 

2018年度の募集は1月と7月の二回に分けて行われます。

第一回目(初回)は2018年1月15日に開始され、1月24日に当選者がランダムに選ばれました。

第二回目(最終)は2018年7月に開始されます。

女性に人気のワーホリ@保険 資料請求は無料です。 イギリス YMSセミナー2018-2019

 

下記は2018年度の抽選の概要です。

 

2018年度日本のyouth mobility scheme(YMS、イギリスワーキングホリデー)募集は、2018年1月15日に開始されるとアナウンスされています。

今後も以下の基本的な条件は変わりません。
定員 1000人
期間 2年間有効
年齢 18歳以上30歳以下(渡航は31歳でも可)
代理による申請はできません。
英国内での申請はできません。

2018年度も申請手続きは、抽選方式で実施されますが、1000人の定員が、1月と7月に行われる2回の抽選へ分けられ、1回目に行われる2018年1月の抽選にて、まず、800名が選ばれます
応募者は先着順にならず、ランダムな選択方式を導入するとしています。

英国大使館・英国内務省による公式文章


Youth Mobility Scheme 2018 (日本国籍者)
https://www.gov.uk/government/news/youth-mobility-scheme-2018-for-japanese-nationals.ja

イギリスビザ申請 通帳翻訳



【応募方法】

は、まず【応募期限内】に、
YMS2018-APPOINTMENT@vfshelpline.com
にメールを送信する必要があり、【メールの件名】には、氏名、生年月日、パスポート番号が含まれている必要があります。送付されるEメールの本文には必ず下記内容をご記入ください。
例えばメールの件名:WATANABE Noriko - 31/03/1989 - TH123456789


【メールの件名】

Name - day/month/year(生年月日) - パスポート番号


【メールの本文】

Name [名前]

Date of birth [生年月日]

Passport Number [パスポート番号]

Country to submit the application (ex: Japan) [申請手続きを行う国(例: 日本)]

Home and mobile phone number [電話番号・携帯電話番号]

例えばメールの本文:

WATANABE Noriko

31/03/1989

TH123456789

JAPAN

03-1234-3678 
090-1234-5678


【応募期限】

第一回目は、日本時間の2018年1月15日(月)12:00(正午)〜2018年1月17日(水)12:00(正午)確定

第二回目は、日本時間の2018年7月16日(月)12:00(正午)〜2018年7月18日(水)12:00(正午)予定

で、この間にメールで申し込みます。

【当選発表】

その後、応募者がランダムに選択され、電子メールで当選が通知されます。当選者にはYMSビザを申請するために必要な書類などの詳細が知らされます。(当選しなかった場合には、落選メールが送られます。それ以降の連絡はありません。)
第一回目は、日本時間の2018年1月24日(水)(800名)確定

第二回目は、日本時間の2018年7月25日(水)(200名+第一回辞退分)予定

当選メールを受け取った人だけがYMSビザを申請する権利を得ることができますが、応募した電子メールアドレスで申請することが必須となります。
当選リストにない電子メールアドレスで申請した場合は、すべて却下されます。

英国以外の海外からも申請することができますので、当選した場合は、現在在住の国で申請することが可能です。

【申請方法】

2018年度では、まず当選者は、期限日までにクレジットカードによるオンラインでの申請料金の支払いを完了する必要があります。この期日までに申請料金の支払いが完了しない場合、自動的に当選リストより削除され、当選が取り消されます。 また、申請書類の提出期限は、申請料金の支払い後から90日以内となっています。

第一回目は、日本時間の2018年3月30日(木)が支払い締切日確定

第二回目は、日本時間の2018年9月30日(土)が支払い締切日予定

 

【注意事項】

申請予約(ランダム抽選)のメールは英国内からも可能ですが、当選した場合は、英国外で申請する必要があります。

有効なメールアドレスは1通となります。(英国ビザセンターに確認済み)
※同じメールアドレスで2回以上送信した場合、2つ目以降のメールアドレスは対象とはなりません。不正行為となり抽選前に無効となる可能性が大きいです。
※2つ目以降を異なるメールアドレスで送信した場合、不正行為となり抽選前に無効となります。

携帯電話のメール、スマートフォンのメールなどは極力避けましょう
※送信元が秘密とされていますので携帯の迷惑解除設定などができません。

迷惑メールとなって当選結果が届かない事がないように、なるべくPCのメールで登録しましょう。
○推奨
・プロバイダーの個人メール
・有名フリーメール(Yahoo、Hotmail、Gmail)

なおこの場合でも、送信されたメールを確実に受け取るため、メールがジャンクメールに入っていないか確かめてください。


当選者は、オンラインで申請書を作成した後、来館日を予約し申請することになります。

【特記事項】


※下記特記事項の著作はワーホリネットに属します。無断転記はご遠慮下さい。


システム上、不正またはウイルスと間違えられる可能性のあるアドレスは、顔文字のような記号が入ったアドレス及び、@以下のアドレスに「ドット」が3個以上あるアドレスと判明しています。
またドット「.」が連続したり、ハイフン「−」、アンダーバー「_」が
連続するアドレスは不正アドレスとみなされる可能性があります。

2018年度イギリスワーキングホリデーはメールアドレスによって本人確認を行うため、問題にならないようにメールアドレスの記述にも注意する必要があります。

問題の無い、アドレスの例としては
workingholiday@sample.ne.jp
workingholiday@sample.jp
workingholiday.yms@sample.com
workingholiday_yms@sample.com
workingholiday−yms@sample.com
など、@以下のドット「.」が1個または2個までの一般的なシンプルなアドレスです。

注意が必要なアドレス、システム上、いたずら迷惑メールとみなされるアドレスの例は、
workingholiday@yms.sample.ne.jp
@以下のドット「.」が3個以上。

workingholiday−.−yms@sample.ne.jp
workingholiday−−−yms@sample.ne.jp
workingholiday...yms@sample.com
「.」が連続したり、ハイフン「−」、アンダーバー「_」で顔文字っぽいアドレスとなっている場合。

携帯電話会社の設定によりビザ志願者に当選結果が届かない可能性のあるアドレスは、携帯アドレス、スマートフォンアドレス。
sample@docomo.ne.jp
sample@ezweb.ne.jp
sample@softbank.ne.jp
sample@i.softbank.jp
などの携帯アドレスではなるべく応募しないようにしましょう。


※上記のsample、workingholiday、yms部分には任意の英数字が入ります。

ワーホリネットでは自分のメールアドレス構成がOKかどうかチェックできるサービスを無償で行っています。

下記でメールが使用可能かどうかチェックしてみよう。
応募メールアドレス構成チェック※念のためのチェックであり、当選率をあげるものではありません。

自分のアドレスがどのような構成になっているか確かめたうえで抽選の登録をするようにしましょう。
携帯アドレスや上記の問題となるアドレスに該当した場合は、アドレスを変えるか、Gmail、Yahoo!、Live、Hotmailなどフリーアドレスで作成し準備しましょう。

なお抽選応募は、1名につき1アドレスのみ1回送信となります。一人で何通も送信した場合は無効となりますので、注意が必要です。

 

2017/11/15更新 

< YMS 申請書 記入例 | YMS申請料金払戻し方法 | YMS申請書の作成やり直し方法 | Vignette Transfer申請方法 >

 

 

 

ワーキングホリデーイギリスの情報はワーホリネットイギリスで