PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201805226360

日仏修好通商条約締結160年 〜 フランスワーキングホリデー

日仏修好通商条約締結160年 〜 フランスワーキングホリデー
伊藤若冲の動植綵絵
(ウィキペディアより)

 今年2018年、日仏修好通商条約締結から160年を迎えます。それを記念して「ジャポニズム2018:響きあう魂」と題し、2018年7月から19年2月までの間、「展覧会」「舞台公演」「映像」「生活文化」の4つのジャンルで、日本の伝統芸能から現代美術、ポップカルチャーまでを紹介する50以上のプログラムが行われます。
会場となるのは、パリ市内の20以上の美術館や劇場などで、日本文化ファンには馴染みのあるパレ・ド・トーキョー、ギメ東洋美術館、ポンピドゥ・センターです。

2018年05月22日(火) written by Paris Eyez from (フランス)
Comment(0)


201804246349

どこまで進むか、マクロン改革! 〜 フランスワーキングホリデー

どこまで進むか、マクロン改革! 〜 フランスワーキングホリデー
ストの予定日。
こんなにあるなんてびっくりです。

 マクロン大統領が推し進める労働改革への抗議を目的とし、4月から3ヶ月間にわたってフランスの国鉄(SNCF)がストライキを決行すると発表しました。これに加え、エールフランスもストライキを行っているため、旅行、出張を予定している人たちの足には、鉄道、フライトの遅延やキャンセルといった影響が出ています。

2018年04月24日(火) written by Paris Eyez from (フランス)
Comment(0)


201803276339

パリのタクシー事情 〜 フランスワーキングホリデー

 先日パリのシャルル・ド・ゴール空港からタクシーを利用する機会がありました。現在パリのタクシー(タクシー組合加盟)はシャルル・ド・ゴールからパリ市内まで一律で右岸が50ユーロ、左岸が55ユーロと決められています。

2018年03月27日(火) written by Paris Eyez from (フランス)
Comment(0)


201801306316

パリの洪水 〜 フランスワーキングホリデー

パリの洪水 〜 フランスワーキングホリデー
パリのサンルイ島。

 パリでは年始より続いた大雨の影響で、セーヌ川の水位が上昇し続けています。水位が6メートルを超える勢いで、このような状況になって死者も出した一昨年を思い出します。セーヌ川沿いにあるルーブル美術館、オルセー美術館、オランジュリー美術館は、休館したり、収蔵品を上の階に移すなどの措置をとることを余儀なくされています。

2018年01月30日(火) written by Paris Eyez from (フランス)
Comment(0)


201801026307

年末の大混乱。 〜 フランスワーキングホリデー

年末の大混乱。 〜 フランスワーキングホリデー
恒例のクリスマス直前のスト。

 今年の年末も色々なニュースがフランスを騒がせています。フランス人にとっては、もう驚くことすらない労働組合によるクリスマス前のスト。そして、恒例のクリスマス直前の鉄道駅の混乱。
今年は例年に増して、国鉄が座席数以上のチケットを販売したため、その混乱は非常に大きかったようです。チケットを購入したにもかかわらず列車に乗れない人たち、列車が満員になったからと、乗客に連絡もなく20分前倒しで発車するなど、日本ではあまり耳にしないタイプのニュースに驚かされます。

2018年01月02日(火) written by Paris Eyez from (フランス)
Comment(0)


201712056297

フランスワインが人気を増す東南アジア 〜 フランスワーキングホリデー

フランスワインが人気を増す東南アジア 〜 フランスワーキングホリデー
この日はフランス・メドック地方から
生産者たちが集まりました。

 ワイン大国として知られるフランスですが、フランス国内での消費量は年々減少しています。その背景には、嗜好の多様化で、ワイン以外のアルコール(ビール、ウイスキー、酒など)消費量が増えていること、飲酒運転取り締まりの強化、近年の健康志向からアルコール自体の消費量が減少していることなどが挙げられます。

2017年12月05日(火) written by Paris Eyez from (フランス)
Comment(0)


201711076287

バター不足 〜 フランスワーキングホリデー

バター不足 〜 フランスワーキングホリデー
うちの近くのスーパーは、バター不足が
まだ深刻な状況ではないようですが、
これも時間の問題かもしれません。

 フランス菓子の材料には欠かせない、そしてフランスからのお土産として要望も多いバター、チーズなどの乳製品ですが、そんなフランスの乳製品ファンにはちょっと心配なニュースがありました。
現在フランスでバター不足が深刻化し、フランスの一部スーパーの陳列棚が空になる事態が発生しているというのです。日本でもバター不足が深刻になり、バターが市場に出回らなくなったというニュースも記憶に新しいです。

2017年11月07日(火) written by Paris Eyez from (フランス)
Comment(0)


201710316282

フランス、ミシュランタイヤ博物館 〜 フランスワーキングホリデー

フランス、ミシュランタイヤ博物館 〜 フランスワーキングホリデー
いらっしゃいませ。

 フランスの真ん中あたりにあるオーヴェルニュ地方、ミネラルウオーター「ヴォルヴィック」の産地として有名ですが、この地の産業を世界的なものにしているのは水ではなくもっと先進的なものです。





2017年10月31日(火) written by ichigo 『フランスで暮らす』 from (フランス)
Comment(0)


201710246280

フランスでボーリング 〜 フランスワーキングホリデー

 9月に冷え込んだ日々が続いたと思えば、また暖かい陽気が戻ってきたパリです。
これから寒くなって曇りの日々が続く冬が来ますが、そんなときにボーリング場で遊ぶのはいかがでしょうか。
フランスのボーリング場は日本のようにわかりやすい大きなボーリングのピンが立っているわけではないので、フランスにもボーリング場があることに驚かれる日本人のかたもいらっしゃいます。


2017年10月24日(火) written by MUU from (フランス)
Comment(0)


201710106275

パリの子供を取り巻く環境 〜 フランスワーキングホリデー

 パリでメトロやバスを利用する際に、保育園や小学校の生徒たちが先生たちに引率されて公共の交通機関を利用する光景を目にすることがあります。子供たちが課外授業でミュージアムなどを訪れる際に交通機関を利用するのですが、移動中は写真のように市から貸与される蛍光色のベストを必ず着用しています。

2017年10月10日(火) written by Paris Eyez from (フランス)
Comment(0)


フランス関連の記事

[1][2 ] [3 ] [4 ] [5 ] [6 ] [7 ] [8 ] [9 ] [10 ] [11 ] [12 ] [13 ] [14 ] [15 ] [16 ] [17 ] [18 ] [19 ] [20 ] [21 ] [22 ] [23 ] [24 ] [25 ] [26 ] [27 ] [28 ] [29 ] [30 ] [31 ] [32 ] [33 ] [34 ] [35 ] [36 ] [37 ] [38 ] [39 ] [40 ] [41 ] [42 ] [43 ] [44 ] [45 ] [46 ] [47 ] [48 ] [49 ] [50 ] [51 ] [52 ] [53 ] [54 ] [55 ] [56 ] [57 ] [58 ] [59 ] [60 ] [61 ] [62 ] [63 ] [64 ] [65 ] [66 ] [67 ]
[ PR ]