ワーホリネット | ワーキングホリデーとは
20180611460

2018年度Youth Mobility Scheme(イギリスワーキングホリデー)第2回抽選発表 7月23日開始

2018年度Youth Mobility Scheme(イギリスワーキングホリデー)第2回抽選発表 7月23日開始

 英国大使館によりますと2018年6月11日、2018年度日本のYouth Mobility Scheme(YMS、イギリスワーキングホリデー)第2回抽選募集は、2018年7月23日に開始されるとアナウンスされています。



年間1000人の定員が、1月と7月に行われる2回の抽選へ分けられ、2018年1月に行われた第一回目の抽選にて800名が選ばれています。
そして、残り200名が2018年7月に行われる第二回目の抽選にて選ばれます。
定員 1000人
期間 2年間有効(就労と就学が可能)
年齢 18歳以上30歳以下(渡航は31歳でも可)
代理による申請はできません。
英国内での申請はできません。


応募者は、昨年同様にランダムな選択方式を導入するとしています。


 第二回目の応募方法も、メールアドレスでの抽選となり、2018年7月23日(月)12時(正午)から7月25日(水)12時(正午)にかけてエントリーし、2018年8月1日(水)に200人の当選者がランダムに選択されます。
この確認メールを受け取った人だけがYMSビザを申請する権利を得ることができることになりますが、英国以外の海外からも申請することができますので、当選した場合は、現在在住の国で申請することが可能です。

当選者については、申請可能通知と予約方法の詳細およびYouth Mobility Schemeビザ申請に必要な書類に関する2通目のメールの指示に従い、来館日を予約し申請することになります。

2018年度の第二回目では、まず当選者は、2018年9月30日までにオンライン申請、クレジットカードによるオンラインでの申請料金の支払いを完了する必要があります。この期日までに申請料金の支払いが完了しない場合、自動的に当選リストより削除され、当選が取り消されます。

また、申請書類の提出期限は、申請料金の支払い後から90日以内となっています。

当選しなかった場合は、8月3日(金)に落選メールが送られます。

申請が許可された場合、2年間有効のビザが発給され、この間の英国出入国は自由となります。

ワーホリネットのワーキングホリデーセミナーでは英国ビザを熟知した専門家が英国生活の情報を交えながらYMSビザを分かりやすく解説します。
https://workingholiday-net.com/seminar/uk_yms.html

 詳しい解説はこちら
https://workingholiday-net.com/UnitedKingdom/visa/evisa/mailLottery.html

Youth Mobility Scheme 2018 (日本国籍者)-第2回抽選 英国大使館
https://www.gov.uk/government/news/youth-mobility-scheme-2018-for-japanese-nationals-2nd-ballot.ja


Youth Mobility Scheme 2018 申請方法
https://workingholiday-net.com/UnitedKingdom/visa/evisa/Lottery.html


イギリスワーキングホリデー ワーホリネット
https://workingholiday-net.com/UnitedKingdom/



2018年06月11日(月) written by ワーホリネット from (イギリス)


20180424459

YMS(イギリスワーキングホリデー)Visa4UK予約システム復旧、翌月の予約が可能に

YMS(イギリスワーキングホリデー)Visa4UK予約システム復旧、翌月の予約が可能に

 UK Visas and immigrationのオンライン申請システム「Visa4UK」でシステムの不具合により、英国ビザ申請センターの予約にトラブルが生じていましたが、2018年4月24日に復旧しました。
現在、2018年5月以降の予約がVisa4UKで可能となっています。

通常、オンライン上の予約カレンダーは毎月15日(月半ば)を過ぎると、翌月の予約が可能になりますが、今回、翌月以降の予約カレンダーが表示されず新規予約または予約変更が出来なくなっていました。


 復旧については、下記の苦情申し立てページより申請者の苦情が殺到したため、週明けの23日にHOME OFFICE 英国内務省が、申請の予約を管轄している英国ビザ申請センター(VFS Global社)に対してカレンダーのアップデートを要請したところ、英国ビザ申請センターが23日から24日にかけて対応した模様です。


 予約なしでパスポートと申請書を提出することは可能でしたが、「ウォークイン・ウィズアウトアポイントメント」という名称で有料サービスになっているので、英国ビザ申請センターに対して苦情が相次いだようです。


以後、英国ビザ申請センターのトラブルが起きた場合は、あわてず冷静に苦情を申し立てることが必要です。

ビザ申請センターには直接問い合わせが出来ませんが、UKVI(英国政府)にはオンラインで苦情連絡ができるようになっています。
Complaints procedure (UK Visas and Immigration)
https://eforms.homeoffice.gov.uk/outreach/_static/ukvi-international-complaints.html
※注意事項:質問の問合せ先ではなく「苦情」の申し立て先です。返答はありません。




カレンダーに表示されない後の日に、英国ビザ申請センターの来館を予約したい場合
https://workingholiday-net.com/UnitedKingdom/visa/evisa/YMS-Book.html#u2

イギリスYMSセミナー
https://workingholiday-net.com/seminar/uk_yms.html



【関連記事】

Youth Mobility Scheme予約システムトラブル、申請料金支払期限後に来館予約のキャンセル操作はしないこと
https://workingholiday-net.com/WhatsNew/a20180418458.html

Youth Mobility Schemeビザ申請書のやり直しに注意
https://workingholiday-net.com/WhatsNew/a20171212453.html



2018年04月24日(火) written by ワーホリネット from (イギリス)


20180418458

Youth Mobility Scheme(イギリスワーキングホリデー)予約、申請料金支払期限後にキャンセルはしないこと

Youth Mobility Scheme(イギリスワーキングホリデー)予約、申請料金支払期限後にキャンセルはしないこと

 UK Visas and immigration(HOME OFFICE 英国内務省)のオンライン申請システム「Visa4UK」で、2018年4月10日ごろからシステムの不具合により、英国ビザ申請センターの予約にトラブルが生じていまたが、「下記の苦情申し立てページより申請者の苦情が殺到したため2018年4月24日に改善させられました(復旧しました)」。
通常ですとオンライン上の予約カレンダーは毎月15日(月半ば)を過ぎると、翌月の予約が可能になりますが、今回、翌月以降の予約カレンダーが表示されず新規予約または予約変更が出来なくなっています。
(2018年4月24日更新)

予約日の変更が出来ない場合、Tier 5(Youth Mobility Scheme)「YMS、 俗称:イギリスワーキングホリデー」の申請の方が、来館予約の不具合で注意しなくてはいけないのは、早合点してオンラインにて「キャンセル」ボタンを押してしてしまうミスです。


◆申請料金支払期限後に来館予約のキャンセル操作はしないこと


 オンライン上のキャンセル操作(予約キャンセル及び料金払い戻し)は、予約がキャンセルになるのと同時に、申請書自体がキャンセルになり、再度予約を完了するには申請書を最初から作り直して申請料金を支払う必要があります。
よって、Youth Mobility Scheme(YMS)ビザ申請に申請料金の支払期限がある日本人の場合は、支払期限後に来館予約をキャンセルするとYMS当選の取り消しとなってしまいますので注意が必要です。

実際に、既に支払期限後に来館予約のキャンセルをしてYMSの当選が取り消しになってしまった方がいるので、たとえUKVIの問い合わせで再申請を促されてもやり直しをしてはいけません。UKVIの問い合わせは、日本人のYMS申請ルールについて知らされていないので、全ての担当者はYMSに支払い期限があることを知りません。

【関連記事】
Youth Mobility Schemeビザ申請書のやり直しに注意
https://workingholiday-net.com/WhatsNew/a20171212453.html



◆来館予約の変更は予約した日時の24時間前まで可能


 英国ビザ申請については、事前にオンラインにて予約を取り、その日に英国ビザ申請センターにてパスポートと申請書を提出することになっていますが、もし、カレンダーで選択できないずっと後の日を予約したい場合は、とりあえず可能な最終日を仮予定しておき、仮予定した日に近づいたら仮予定した日より前にVisa4UKにログインし「View Appointment」メニュー(Visa4UKで申請料金を支払うとBook Appointment → View Appointmentと表示が変わります)「Update Appontment」ボタンで来館予約日を変更します。


予約の変更が可能になる期限は予約した日時の24時間前までとなっており、それを過ぎると確定となり、当日になるとUpdate Appointmentのボタンがクリックできなくなり予約変更ができません。


◆英国ビザ申請センターは民間の会社で政府機関ではない


しかし、仮に予約変更ができず英国ビザ申請センターに行けなかったとしても(申請書を予約した日に提出しなくても)ビザ申請が自動的にキャンセル扱いにはなりません。
これは英国ビザ申請センターは民間企業VFS Global社の管轄であり、来館の有無自体は英国政府(UKVI)に関係ないからで、英国政府(UKVI)は申請料金の支払いから90日の間、ビザ申請センターからの書類の転送を待ち続けるだけのものだからです。

英国ビザ申請センター来館予約とは、もともと英国ビザ申請センターの予約システムが既存のVisa4UK申請システムとは別に存在していたものが、2014年3月から英国政府(UKVI)のVisa4UKのシステムに組み込まれただけで、予約(民間)と申請(政府)は管理が別になっているため、来館予約の有無はビザ審査に影響しません。
つまり、申請者が予約なしで一斉に英国ビザ申請センター(民間管轄)に殺到すると困るだけの話であり、それをオンライン申請(政府管轄)のついでに行っているにすぎず、実際は予約の有無はビザ申請に関係がないことになっています。


◆予約なしでパスポートと申請書を提出することは可能


ただし、予約の有無は関係なくても、「Visa4UKは申請料金を支払うことで予約が確定するシステム」のため、予約をオンラインで一旦キャンセルすると申請書を最初から作り直して申請料金を支払うことが必要になってきます。

来館予約をオンラインでキャンセルしなければ、まだ英国政府(UKVI)が書類の到着を待っている状態なので、申請料金の支払いから90日の間に、申請書を提出すればよいことになります。
予約日を過ぎていたり、来館後に忘れ物に気がつき同じ日に2度出直す場合も、予約なしでパスポートと申請書を提出することは可能なことになります。

英国ビザ申請センター(VFS Global社)が設立された2008年頃は予約なし受付が無料でしたが、現在は「ウォークイン・ウィズアウトアポイントメント」という名称で有料サービスになっています。


◆ウォークイン・ウィズアウトアポイントメント


 万が一、システムトラブルや予約日を過ぎているなどの状況で、予約変更が出来ない場合は、「予約なし」で、英国ビザ申請センターに直接赴き、「ウォークイン・ウィズアウトアポイントメント」をカウンターで申し込みます。
なお、予約なし来館の場合は、当日の空席状況で申請書の受付がなされます。必ずしも到着して直ぐ書類の提出ができないことを予め了承しておく必要があります。


英国ビザ申請センター有料サービス「ウォークイン・ウィズアウトアポイントメント」
https://www.vfsglobal.co.uk/japan/japanese/user_pay_services.html


ビザ申請センターには直接問い合わせが出来ませんが、UKVI(英国政府)にはオンラインで苦情連絡ができるようになっています。
Complaints procedure (UK Visas and Immigration)
https://eforms.homeoffice.gov.uk/outreach/_static/ukvi-international-complaints.html
※注意事項:質問の問合せ先ではなく「苦情」の申し立て先です。


カレンダーに表示されない後の日に、英国ビザ申請センターの来館を予約したい場合
https://workingholiday-net.com/UnitedKingdom/visa/evisa/YMS-Book.html#u2





2018年04月18日(水) written by ワーホリネット from (イギリス)


20180403457

2018イギリスYMS(ワーキングホリデー)申請料金£244に値上げ

2018イギリスYMS(ワーキングホリデー)申請料金£244に値上げ

 UK Visas and immigration(HOME OFFICE 英国内務省)によりますと、2018年4月6日よりイギリスビザ申請料金の改定が行われ、Tier 5(Youth Mobility Scheme)「YMS、 俗称:イギリスワーキングホリデー」は現行の£235から£244に値上がりすると発表がありました。ここ数年、年に£5の値上げが続いていましたが、今年は倍近い£9の値上げです。

なお、2018年度のYMSは申請が年二回に分けられており、第一回目は2018年3月30日に終了していて、第二回目は2018年7月に行われます。今回の改定は第二回目の申請者から適用されます。
 日本円に換算しますと、2018年4月からの申請料金は38,064円(2018年4月現在 1£=156円 英国政府内務省レート)となります。
ちなみに、YMS開始時の2008年度の申請料金は£99でした。
今後も緩やかに値上げが続いていくものと思われます。



 現在、英国のビザ申請者にはNHS(英国保健サービス)保険料が義務付けられており、申請時にこの保険料を支払う必要があります。
YMSの場合は、保険料が£300(48,600円 2018年4月現在 1£=156円 英国政府保健省レート)となりますので、YMSビザを取得するために2018年7月以降は合計約87,000円を支払うことになります。(2018年1月度は78,000円)


 また、英国外でビザを紛失した際の入国手続きに必要なVignette transferの申請料金については、£169から£154に£15値下がりしています。


ビザの概要や申請料金は頻繁に変更されるので、申請の際はUK Visas and immigrationのホームページにて確認する必要があります。


Home Office Immigration & Nationality Charges 2018
https://www.gov.uk/government/uploads/system/uploads/attachment_data/file/691580/Gov_uk_fees_revision_2018_final.pdf

Tier 5(Youth Mobility Scheme)抽選方法
https://workingholiday-net.com/UnitedKingdom/visa/evisa/mailLottery.html

Tier 5(Youth Mobility Scheme)申請方法
https://workingholiday-net.com/UnitedKingdom/visa/evisa/Lottery.html

Vignette transfer 申請方法
(英国外でのビザ紛失時の入国手続き、または渡英延期手続き)
https://workingholiday-net.com/UnitedKingdom/visa/evisa/Vignette_Transfer.html

2018年04月03日(火) written by ワーホリネット from (イギリス)


20180112456

2018年フランスワーキングホリデービザ開始、年度制を撤廃

2018年フランスワーキングホリデービザ開始、年度制を撤廃

 フランス大使館ビザセクションによりますと、2018年1月10日、フランスワーキングホリデービザについて年度制を撤廃し、申請方法に変更があれば随時ホームページ上で更新していく方式に切り替えたとしています。

数年前からフランスワーキングホリデービザは、締め切りと申請開始日が無くなっていて、入国予定日の3ヶ月前であればいつでも申請が可能の状態が続いていました。そして2018年より正式にフランスワーキングホリデービザは年度という単位をなくしました。

なお、2018年1月現在、2017年度から申請方法やビザの概要の変更はありません。

 また、年度ごとに概要が変わるのではなく、予告なく更新されるようになるので、申請の前には必ずフランス大使館のホームページを確認する必要があります。


 定員については1500名という設定がありますが、毎年申請却下される方が多く、さらにヨーロッパのテロ事件の影響や18歳〜30歳の人口が減少している影響で、定員に達する可能性は低いとされています。


審査については、フランスワーキングホリデービザは、益々厳しくなっています。特に、職歴や学歴等の身辺調査や滞在先の確認を厳重に行うため、虚偽の履歴書や架空の滞在先を申請時に申告した場合は、必ず嘘が判明し却下となっています。
却下されても数日後に直ぐ再申請は可能ですが、虚偽報告による却下の場合はその後何度申請しても結果が覆ることはありません。
よくある却下例として、職種が審査に不利になると思いこんでシェフやパティシエの方が学歴や職歴を空白にして詐称が露見することです。
また、動機作文や渡航計画書の中で、渡航前に現地での仕事が決まっていたり、スキルアップ等の修行が目的の場合も申請が却下されます。
ホテルなど宿泊施設の予約も審査官が現地確認するので、滞在先住所を適当に書かないことです。


申請では「観光目的」ということが動機作文や面接で十分アピールできれば全く問題が無いので、たとえ料理人やパティシエであってもこの点を理解していればビザ取得は難しくありません。まずは履歴書を誠実に嘘偽り無く書く必要があります。


 ワーホリネット主催のフランスワーキングホリデーセミナーでは、フランスワーキングホリデーについて詳しく説明する予定になっています。




ビザ取得のノウハウはワーホリネットのフランスビザセクションで
http://france.workingholiday.or.jp/

フランスワーキングホリデーセミナー
http://workingholiday-net.com/seminar/france.html

フランスワーキングホリデー ワーホリネット
http://workingholiday-net.com/France/

2018年01月12日(金) written by ワーホリネット from (フランス)


20180109455

2018年度アイルランド ワーキングホリデー発表

2018年度アイルランド ワーキングホリデー発表

 2018年度アイルランド ワーキングホリデー(ワーホリ)の概要がアイルランド大使館で発表されました。
例年同様、年2回に分けて受付されます。

2018年度のアイルランドワーキングホリデー申請については、第一回申請受付期間が「2018年9月30日以前の渡航者対象」で、2018年1月15日(月)〜 1月31日(水)となります。
また第二回申請受付期間が、「2018年9月30日〜2019年3月20日以前渡航者対象」で、開始は2018年7月下旬となります。

2017年度とは異なり、第一回の申請期間が1月中という点に注意が必要です。また対象者が例年のように8月以前ではなく9月30以前の渡航者になっています。

アイルランドワーキングホリデー申請者の中には、隣国イギリスのYouth Mobility Scheme(YMS、俗称イギリスワーキングホリデー)ビザも検討されている方がいますが、
申請期限がイギリスYMSビザの抽選日1月24日から日数がないので、イギリスYMSの抽選結果と関係なく、アイルランドビザ申請の準備をしておく必要があります。

アイルランドワーキングホリデーは、年間の定員400名に対して先着順ですが、出願者が少なく定員に達しないのでビザの発給を受けやすいのが特徴です。

 希望者は、この指定された期間内に申請する事になります。なおアイルランドワーキングホリデービザ申請は一次と二次と分かれていてそれぞれ提出する書類が異なります。

一次審査は、PDF申請書類をアイルランド大使館ホームページからダウンロードし、必要事項を記入後、大使館が指定するE-mailアドレスに添付ファイルとして送信します。
そして、一次審査で申請許可がでれば二次審査となり、必要書類を書留にて合同会社VFSサービシズ・ジャパンへ郵送します。
VFSサービシズ・ジャパンとは、アイルランド大使館の委託を受けてビザの受付を代行している民間企業です。
申請費用は7,900円(60ユーロ)かかりますが、これはVFSサービシズ・ジャパンが受付代として領収する金額であり、ビザ審査自体は従来どおりアイルランド大使館が無償で行っています。

なお二次審査の際に、滞在中の疾病や傷害に備えて民間のワーキングホリデー保険(ワーホリ保険・留学保険)に加入する必要があり、申請書類には加入証明書が必要になります。

 また、年齢条件は2015年6月申請より18歳〜30歳(申請受理時点)の申請が可能となっていて、現在は25歳という制限は撤廃されています。


 

アイルランド大使館 ワーキング・ホリデー・プログラム
https://www.dfa.ie/irish-embassy/japan/our-services/visas/working-holiday-programme/

アイルランド ワーキングホリデー情報 ワーホリネット
http://workingholiday-net.com/Ireland/


2018年01月09日(火) written by ワーホリネット from (アイルランド)


20171219454

Youth Mobility Schemeビザ抽選、iPhoneや携帯専用メールアドレスに注意 Visa4UKログインができなくなる可能性

Youth Mobility Schemeビザ抽選、iPhoneや携帯専用メールアドレスに注意 Visa4UKログインができなくなる可能性

 Youth Mobility Scheme(YMS、俗称イギリスワーキングホリデー)の申請書をオンラインで作成する際には、当選したメールアドレスにてVisa4UKのアカウントを作成する必要があります。この際、ログイン時のシステムトラブルを想定して、抽選時にはiPhoneや携帯専用メールアドレスをなるべく避ける必要があります。
具体的に、トラブルが起きやすい携帯専用メールアドレスは、「docomo.ne.jp」「i.softbank.jp」「ezweb.ne.jp」です。


Visa4UKのシステムはパスワードを数回間違えるとロックがかかってしまうので、ロック解除するために「パスワードを忘れた」で再設定することになります。通常は「パスワードを忘れた」リンクをクリックすることで「ロック解除コード」をメールで受け取り、ロック解除のURLにアクセスすることで解除となります。

 しかし、iPhoneやスマートフォンでこの操作を行おうとすると必ずエラーとなってアカウントの復旧ができません。
このような場合は、iPhoneやスマートフォンから操作するのでなく、パソコンから操作する必要があります。もしパソコンを所有していないのであれば、知人のものを借りたり、ネットカフェ等で行います。

ただし、MacOSではうまくいかないので、ロック解除の再設定はなるべくWindowsのパソコンで操作する必要があります。

Visa4UKのシステムは基本的にMacOSやスマートフォンに対応していないので、特にセキュリティに関わるパスワードなどの設定では不具合が生じ、「アクションが起きない」「フリーズする」「メールが届かない」など致命的な不具合がおきます。

オンラインシステムでロック状態になってもビザが無効になることはありませんが、Visa4UKにログインできなければ予約票もビザ申請書も印刷できないので英国ビザ申請センターへの提出はできません。

ロック状態をそのまま放置したり、当選の時とは関係のないメールアドレスで新たにアカウントを作成して申請書を作成したりすると、当選が無効になってしまいます。


 よって事前にトラブルを防止するために、YMSの抽選エントリー時に登録するメールアドレスは携帯やスマートフォン専用のメールアドレスを用いないで、「Gmail」や「Yahoo!メール」、「Hotmail(Outlook)」などパソコンでもスマートフォンでも両方で送受信できるメールアドレスの使用を推奨しています。

また、Windowsの場合は、ブラウザはInternet Explorer 11、もしくはFirefoxを使用し、MacOSの場合は、ブラウザは標準のSafariでなく、Firefoxの使用を推奨しています。



 
Firefox ブラウザ
https://www.mozilla.org/ja/firefox/new/


Youth Mobility Schemeビザ抽選方法
http://workingholiday-net.com/UnitedKingdom/visa/evisa/mailLottery.html

2017年12月19日(火) written by ワーホリネット from (イギリス)


[ PR ]

 

[ PR ]