PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201804176347

ベルリンからちょっと行ける隣の国 プラハ編 〜 ドイツワーキングホリデー

ベルリンからちょっと行ける隣の国 プラハ編 〜 ドイツワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
ユネスコ世界遺産指定のプラハ城

 ワーホリ滞在中に、ヨーロッパ内の他の国も訪れてみたいと思われている方も多いかと思います。ヨーロッパは陸続きなので、文化や言語はまったく違うのですが、お隣の国同士はこんなにも近いのだということに驚かされます。
まず今回はベルリンからちょっと行ける、お隣の国・第一弾ということで、ベルリンから350キロ南のチェコスロバキアの中世のまち・プラハへの旅行をおすすめします。350キロというと日本であれば、東京から名古屋、または東京から仙台間くらいの距離であり、言葉も文化もまったく違います。

2018年04月17日(火) written by まっちょ from (ドイツ)
Comment(0)


201804176346

ブライトンーi360(新名所)体験! 〜 イギリスワーキングホリデー

ブライトンーi360(新名所)体験! 〜 イギリスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
曇り空でも楽しめる!

 やっと暖かくなってきたと思ったら、また太陽が隠れ、曇りの肌寒い日が続いた4月の2週目。遠方から家族が数日来たので、ブライトンの名所i360に行ってきました。日数もなかったので、曇りの日に行くことに。それでも、予想した以上にとてもよい体験ができました!
そもそもi360とは以前の記事『ブライトン新名所「British Airways i360」』で、少し触れたのですが、高さ162メートル(展望デッキとなる円形が止まるところは138メートル)の展望塔。ドーナツ型で、ブライトンの町からはるか向こうの丘陵地、そして海の方まで360度の眺めを楽しめます。


2018年04月17日(火) written by Muchiko from (イギリス)
Comment(0)


201804176345

マニング・パークで雪遊び 〜 カナダワーキングホリデー

マニング・パークで雪遊び 〜 カナダワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
バンクーバーから僅か3時間。
すっかり春の西海岸地方とは大違いの雪景色。

 4月も半ばになり、バンクーバー地方は各地で沢山の種類の桜が満開になっています。そんな感じで西海岸側はすっかり春なのですが、今回の冬は去年に比べて圧倒的に降雪量が少なく、積雪もわずか二回ほどでした。それらもたった数日で全て融けてしまう程度のもので、子供達はガッカリ。そんなわけで、今回は子供達の春休みを利用し、二泊三日で雪山にプチ旅行をして来ました。今回はその時のお話を。


2018年04月17日(火) written by Saori from (カナダ)
Comment(0)


201804176344

アイルランドとの外交60周年を記念して 〜 アイルランドワーキングホリデー

アイルランドとの外交60周年を記念して 〜 アイルランドワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
アイルランドとの外交60周年記念

 皆さん、こんにちは。今年のアイルランドは寒いです。4月になってやっと春らしい日が何日かありました。さすがにこれ以降は暖かく穏やかな、天気がくるとよいな、と願っていますが。

先月、アイルランドにある日本大使館では、アイルランドとの外交60周年を記念して、あの三味線で有名な吉田兄弟さんをアイルランドへ招待し、アイルランド在住の方に無料でコンサートが開催されました。

2018年04月17日(火) written by Milly from (アイルランド)
Comment(0)


201804036343

イギリスの民泊事情 〜 イギリスワーキングホリデー

イギリスの民泊事情 〜 イギリスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
ロンドン市内にあるAirbnbの物件の1つ
The Sun紙より

 日本でも「Airbnb(エアビーアンドビー)」が知られるようになって久しくなりますが、Airbnbのサービスを利用したことがあるという人も増えつつあるのではないでしょうか。
Airbnbとは、ひとことで言えば、「自宅(の一部)を貸したい人」と、「部屋を宿泊先として借りたい人」をマッチングさせるサービスのこと。2008年にサンフランシスコで誕生したビジネスですが、イギリスはそのビジネスを牽引する国の1つと言っても過言ではありません。


2018年04月03日(火) written by Miyo from (イギリス)
Comment(0)


201804036342

イースター休暇 2018 〜 ドイツワーキングホリデー

イースター休暇 2018 〜 ドイツワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
軒先の可愛らしい卵の飾り付け

 日本では花見シーズン真っ盛りの週末、ドイツではイースター休暇でした。イースター(ドイツ語ではOstern)とは日本語に訳すと復活祭。
イエス・キリストが金曜日に十字架にかけられて処刑され、その3日後の復活されたと言われています。その復活をお祝いするお祭りです。

2018年04月03日(火) written by モチヅキカズミ from (ドイツ)
Comment(0)


201804036341

今ホットな観光地、アイルランドの「牢獄島」 〜 アイルランドワーキングホリデー

今ホットな観光地、アイルランドの「牢獄島」 〜 アイルランドワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
スパイクアイランド。星型の建物が見えます。
(画像提供/ Spike Island Cork)

 アイルランドには人気のある観光地が色々あるのですが、数年前から観光地として人気になっている場所があります。2017年にはアイリッシュ・ツーリストアワードや、世界トラベルアワードも受賞するほどの、話題の新観光地!それはコーク州にある「スパイクアイランド(Spike Island)」。
名前の通り「島」のため、そこへ行くには、タイタニックの最終寄港地で有名な、コーヴ(Cobh)から10〜20分ほどフェリーに揺られなければならない、秘境の島。

2018年04月03日(火) written by Uisce 『エール備忘録』 from (アイルランド)
Comment(0)


201804036340

自転車に優しいクライストチャーチ 〜 ニュージーランドワーキングホリデー

自転車に優しいクライストチャーチ 〜 ニュージーランドワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
車道の隣にある
サイクルレーン

 クライストチャーチは、カンタベリー平野に位置し、一部の地域を除きほとんど平地で自転車乗りには最適な地域だと言えます。
とは言え、最近車が激増し所々で渋滞がみられるようになりました。日本のようなスーパー大渋滞はほとんどみられませんが、一昔前のクライストチャーチとは、場所によってはかなりの車が増えました。ということで、クライストチャーチ市議会では自転車通勤・通学促進のため様々な対策が取られています。






2018年04月03日(火) written by lovey from (ニュージーランド)
Comment(0)


201803276339

パリのタクシー事情 〜 フランスワーキングホリデー

 先日パリのシャルル・ド・ゴール空港からタクシーを利用する機会がありました。現在パリのタクシー(タクシー組合加盟)はシャルル・ド・ゴールからパリ市内まで一律で右岸が50ユーロ、左岸が55ユーロと決められています。

2018年03月27日(火) written by Paris Eyez from (フランス)
Comment(0)


201803276338

バッハゆかりの地 ライプツィヒ 〜 ドイツワーキングホリデー

バッハゆかりの地 ライプツィヒ 〜 ドイツワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
聖トーマス教会

 クラシック音楽史上、現代への礎ともなる重要で欠かすことのできない偉大な作曲家J.S.Bachヨハン セバスティアン バッハ(1685ー1750)は、ドイツ各地にゆかりの地が点在しますが、ライプツィヒもその一つとして、クラシックファンのみならず世界中から観光客が訪れます。
J.S.バッハは1723年にライプツィヒの聖トーマス教会のカントル(音楽監督)として就任し、この地で多くの作品が誕生し、その数々は現代まで受け継がれ、耳にすることができます。

2018年03月27日(火) written by Adler from (ドイツ)
Comment(0)


201803276337

イギリスに大寒波到来! 〜 イギリスワーキングホリデー

イギリスに大寒波到来! 〜 イギリスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
庭に降り積もる雪

 冬から春の訪れを楽しみに待つのは、日本だけでなくイギリスも同じ。「日本には美しい四季がある」と言われていますが、赤道付近でない限り、世界中も美しい四季があることを忘れてはいけません。
日照時間の短い冬が終わり、3月になると、春の訪れを今か今かと待つイギリス人は少なくありません。ところが、そんなイギリス人の期待を裏切る大寒波が3月のイギリスに襲いかかったのです。3月上旬の大寒波はイギリスのみならず、ヨーロッパ中にやって来ました。雪が降るだけでなく、連日のマイナス気温。

2018年03月27日(火) written by あっこ from (イギリス)
Comment(0)


201803276336

今年のパスクワは4月1日 〜 イタリア文化

今年のパスクワは4月1日 〜 イタリア文化 1 ワーキングホリデー通信
ラファエロの「キリストの復活」

 カトリック教国のイタリアではイエス・キリストの誕生を祝うクリスマスと、蘇ったことを祝う復活祭(イタリア語でパスクワ)は1年のうちでとても重要な祝日です。
パスクワというのはラテン語のPascha/パスカが語源だと言われています。そして昔から美術の世界でもこの「キリストの復活」という場面は繰り返し描かれているので、それだけ重要な宗教行事であったのでしょう。個人的にはルネサンス期の巨匠ラファエロが描く「キリストの復活」などの絵が好きです。




2018年03月27日(火) written by Maliarda from (イタリア)
Comment(0)


[ PR ]