PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201604266020

Poisson d'Avril(4月の魚) 〜 フランスワーキングホリデー

Poisson d'Avril(4月の魚) 〜 フランスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
実際にメトロの駅では、
表記が変えられていました!

 4月はエイプリルフールから幕を開けました。フランスでは、Poisson d'Avril(ポワソン・ダヴリル:「4月の魚」という意味)と言います。起源は、色々言い伝えがありますが、昔は、魚が産卵期に入る4月初旬から漁獲が禁止されてました。そこで、漁獲期最終日である4月1日に、収穫なしで戻ってきた漁師をからかって、ニシンを川に投げ込み釣らせてあげたのがジョークの始まりだと伝えられてます。そんな言い伝えから、フランスでは4月1日に、同僚や友達同士で嘘をつきあったり、いたずらをしあったりして、「Poisson d'avril」と叫びます!

 子供たちは魚の絵を描き、それを切り取って仲間の背中にこっそり貼って、その人が魚の絵に気づくとからかいます。

 この日、朝から「パリのメトロ13駅の名前が変更になります。」というニュースが、ネットやテレビで流れ、詳細を見てみると、Opéra(オペラ)駅がApéro(アペロ駅)になるとか。一瞬目を疑いましたが、もちろんこれはエイプリルフールのジョークです。ご覧の通り、Opéraのスペルを並べ替えてApéroに、アペロは夕食前の食前酒、夕方に楽しむ一杯を意味します。フランスらしい、微笑ましいジョークです。



 その他にも、思わず笑ってしまうのが、 Parmentier駅(ジャガイモを潰したマッシュポテトにひき肉とチーズを加えて焼き上げた「パルモンティエ」という料理を意味する)が、Pomme de Terre駅(じゃがいもを意味する「ポム・ドゥ・テール」)に。そして、Télégraph駅(テレグラフ、昔の通信ツール)が #TWEET(ツイッター表記、現代の通信ツール)に、逆さを意味するAnvers駅は、駅の表記が写真の通り、逆さ表記に! そして、オペラの隣に位置し、9月4日を意味するQuatre-Septembre(キャトル・セプトンブル)駅 が4月1日(エイプリルフール)を意味するPremier Avril駅に早変わり!と言った具合に、何ともフランスらしいエスプリがたっぷりのジョークが沢山の人を幸せにしてくれました。

ただ、ストの多いフランスでは、前日にRER A線、B線共に大規模なストが行われ、これに不満を覚えた人は、こんなエイプリルフールのジョークのオーガナイズはちゃっかりやって!なんて不満を漏らしていた人もいます。フランス人にとって、ジョークは彼らのエスプリに不可欠なのでしょう。



2016年04月26日(火) written by Paris Eyez from (フランス)
Comment(0)


フランス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]