PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
200807222387

日本食〜お米&お魚〜 ワーホリ フランス

7月14日、フランス革命記念日。この日を境に、本格的なバカンスが始まりました!明らかに大多数の人が旅立ったのか、私の住む街は、週末でもし〜んと静まり返っています。パリは常に人が多いですが、バカンス時期はパリジャン達に代わり観光客が増えるので、あちらこちらから色んな外国語が聞こえてきます。

前置きはさておき、タイトルしかり、これからワーホリでフランスに来る人のために、自炊のための“日本食”について書きたいと思います。

パンやチーズが大好きでも、長期滞在ともなれば、いつの日か日本食が恋しくなる日がくるものです。現に、日本では米よりパン派だったこの私も、気づかないうちに、お米大好き日本人★になってしまいました。まずはお米ですが、もちろん日本米は手に入りますが、基本的に、日本食材店にあるものは、日本の価格より2〜3倍だと思ってください。最近はユーロがあがっていますので、さらに高く感じるかもしれません。日本米じゃなくてもそれなりに美味しくて、経済的にもおススメなのが、普通のスーパーで売っているRIZ ROND(丸いお米)というもの。60〜70サンチームです。冷凍には向いていないので、その日のうちに食べるのであれば全然OKです。


次に、お魚。お料理が得意な人は別として、選ぶのも料理するのも少し抵抗感のあるお魚。私も初めは、サーモンかツナ缶ぐらいでしかお料理できませんでしたが、北海水産という、オランダの日本人夫婦が経営するお魚屋さんと出会ってから、レパートリーが増えました。200ユーロからの注文になるので、何人か集まってまとめて注文してもらいます。冷凍されて送られてくるので、保存も利くし、下味がついているものもあるので、解凍して焼くだけでOKだったり、うなぎやお刺身用のお魚も手に入ります。たこ焼きやお好み焼きなどオリジナル商品も美味しく、関西人の私にとっては今ではなくてはならない存在です 笑。日本食材店で売っているお魚も、この北海水産から仕入れているみたいなので、個人的に注文する方がお得かもしれません。興味のある方は是非!
http://hokkai.com/index.html

滞在が長期になるのであれば、自炊は欠かせないでしょう。日本ではほとんどお料理したことがなかった私も、日本人のお友達と情報を交換して、毎日お料理するようになりました。栄養バランスも考えるので、海外生活での健康管理もできて一石二鳥ですよ!
2008年07月22日(火) written by Mon Tresor from (フランス)
Comment(0)


フランス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]