イギリスYMS(Tier 5 ユース・モビリティ・スキーム  ) ワーキングホリデー

2018年度 イギリスYMS (俗称:イギリスワーキングホリデー) 英国ビザ申請書のアカウント登録方法 Visas4UK 記入例

留学・ワーキングホリデーの業者を通さずに、ビザを確実にとりたい方必見。

2018年度の募集は1月と7月の二回に分けて行われます。

第二回目(最終)は2018年7月23日に開始され、8月1日に当選者がランダムに選ばれます。

 

ワーホリネットのおすすめ

女性に人気のワーホリ@保険 資料請求は無料です。 イギリス YMSセミナー2018-2019

ワーホリネットによる日本語翻訳記入例です。このページから申請はできません。

 

 

 

 


以下は抽選に当選されたのみ参照ください。  

申請書の提出には事前予約が必要です。予約はVisa4UKオンライン申請内で行います。

 


Youth Mobility Scheme(イギリスYMS)申請書はこちらから記入。(Visa4UKのオンライン申請ページ)

オンライン申請とは、次の手順で、オンライン上で申請書を作成し自宅で印刷することです。

< 1 登録 ≫ 2 申請書作成 ≫ 3 サイン ≫ 4 BRP ≫ 5 申請所選択 ≫ 6 IHS ≫ 7 料金支払い ≫ 8 予約票 ≫ 9 申請書印刷 >

 

YMS VAF9 オンライン申請書 (アカウント登録)

Youth Mobility Scheme(Tier 5 ユース・モビリティ・スキーム YMS )

 

 

 

↓ goto Register

Youth Mobility Scheme(Tier 5 ユース・モビリティ・スキーム YMS ) start

 

◆当選後のパスポートの更新について

申請時にパスポートが更新等で変更になった場合、YMS当選情報と異なってきますが、これは問題ありません。申請書に前のパスポートの情報を記入する項目に必ず旧パスポートの情報を入力し、Additional Informationにて、当選後にパスポートを更新した旨と理由を具体的に英語で記載します。

当選後、オンライン申請前に「結婚等で新しい苗字のパスポートで申請」、「盗難・紛失等で新しいパスポートで申請」、「有効期限の関係で更新したパスポートで申請」、いずれの場合でも、新旧両方のパスポートを英国ビザ申請センターに提出し、YMS申請書の追記項目(Additional Information)に変更した旨を明記すれば問題ありません。

◆当選後のパスポートの有効期限が滞在したときに切れそうな場合

上記の説明にあるように日本国内で更新後、オンライン申請前を行ってもかまいませんし、更新せずに申請を行い滞在中にロンドンの日本大使館にて更新することも可能です。現地で更新する際は、渡英の際に戸籍謄本の写し原本等を持参する必要があります。
・在英国日本国大使館(ロンドン)・旅券の新規発給・有効期限内の切替発給のページ
http://www.uk.emb-japan.go.jp/itpr_ja/index_000028.html
更新後は、YMSビザの有効期限中、新旧両方のパスポートを所持しないといけません。

 

↓ goto Register mail send
Youth Mobility Scheme(Tier 5 ユース・モビリティ・スキーム YMS ) 1

 

 

 

 

↓ goto Register mail (Open your mailer)

Youth Mobility Scheme(Tier 5 ユース・モビリティ・スキーム YMS ) 2

 

 

 

 

↓ goto URL and Confirm Registration

Youth Mobility Scheme(Tier 5 ユース・モビリティ・スキーム YMS ) 3

 

 

 

 

↓ goto Login

Youth Mobility Scheme(Tier 5 ユース・モビリティ・スキーム YMS ) 4

 

 

 

 

↓ goto Sign Terms & Conditions

Youth Mobility Scheme(Tier 5 ユース・モビリティ・スキーム YMS ) 4

 

 

 

 

↓ goto My applications

Youth Mobility Scheme(Tier 5 ユース・モビリティ・スキーム YMS ) 5

 

 

 

 

↓ goto Information

Youth Mobility Scheme(Tier 5 ユース・モビリティ・スキーム YMS ) 6

 

 

 

 

↓ goto You are applying for Yourself

Youth Mobility Scheme(Tier 5 ユース・モビリティ・スキーム YMS ) 7

申請6ヵ月ルールとは、「申請料金の支払いは、入国予定日の6ヶ月前から受付」という意味です。詳しくはこちら。

※システム上「Date of Intended Travel」は、180日後しか選べませんので、入国日をちょうど6ヵ月後にする場合は、一旦「Date of Intended Travel」にて180日後を選択しておき、申請書内の「Travel Information」の「Date of planned arrival in the UK」にて6ヶ月後の日付を選択します。

 

◆申請する国について

申請する国は、「抽選応募時に申告した申請する国」になります。

もし、申請する国が、抽選時に申告した国と異なる場合は、事前に変更する旨をUKVIに連絡して承認を得なければなりません。入館時に当選者かどうかのチェックが行われるので、勝手に申請国を変えることができません。海外在住中に当選し、当初現地で申請するつもりが日本に帰国して日本で申請する場合は特に注意が必要です。

UKVIへの問合せ

メール:https://www.gov.uk/contact-ukvi-inside-outside-uk ※英国政府への質問は有料になっています。
英国政府への質問、意見等は上記のフォームから受付ています。質問は必ず「英語」で具体的に詳細を説明して行ってください。 この問合せ先ですが、対応するのは英国政府ではなく、英国政府に委託された民間の企業(Sitel UK Ltd)になります。

質問等の注意について(ワーホリネットのイギリスニュース記事)
http://workingholiday-net.com/WhatsNew/weblog/article-20170620445.html

 

◆申請する国の英国ビザ申請センターについて

例えば、Canadaで申請する場合は、申請画面の最初のユーザー登録で、
申請のLocationをCanadaにして、バンクーバーやトロントなどの大都市にあるVFSに出頭します。
・Canada VFS Global(カナダ英国ビザ申請センター)
https://www.vfsglobal.co.uk/canada/applicationcentre.html

Australiaで申請する場合は、
申請のLocationをAustraliaにして、シドニーやブリスベンなどの大都市にあるVFSに出頭します。
・Australia VFS Global(オーストラリア英国ビザ申請センター)
https://www.vfsglobal.co.uk/Australia/how_to_apply.html

・その他の国の英国ビザ申請センター
https://www.gov.uk/find-a-visa-application-centre


日本国内と異なるのは、申請料金が申請国の通貨になること、また、パスポートの受け取り方法も異なるかもしれませんので注意して申請してください。申請時の持ち物や注意点は上記 VFS Globalのホームページで確認します。

申請に必要な書類は日本と同じです。
英国ビザ申請センターの住所等は自分で調べなくても、オンラインでの来館予約時に画面に表示されます。また予約票に出力されます。

↓ goto My applications

Youth Mobility Scheme(Tier 5 ユース・モビリティ・スキーム YMS ) 8

(この日から120日間データが保存されます。Application Startedに記載された日から120日間以内に印刷してビザ申請センターに提出する必要があります。ただし120日ぎりぎりにならないように、90日以内には印刷して提出しましょう。)

 

 

ワーホリネットのおすすめ

イギリスビザ申請 通帳翻訳

 

 

< 1 アカウント登録 | 次へ >

< 1 登録 ≫ 2 申請書作成 ≫ 3 サイン ≫ 4 BRP ≫ 5 申請所選択 ≫ 6 IHS ≫ 7 料金支払い ≫ 8 予約票 ≫ 9 申請書印刷 >

 

< YMS 申請書 記入例 | YMS申請料金払戻し方法 | YMS申請書の作成やり直し方法 | Vignette Transfer申請方法 >

 

申請書は全て英語で記入すること。

 

イギリス YMS(俗称:イギリスワーキングホリデー)

Youth Mobility Schemeの情報はワーホリネットイギリスで

 

ワーホリネットのおすすめ

 

 


Youth Mobility Scheme・イギリスワーキングホリデー

イギリスYMS(俗称:イギリスワーキングホリデー)について

ビザ申請は渡航希望日の6ヶ月前からしか受付が出来ませんのでご注意ください。

申請条件(2018年度)

  1. ・日本国籍を有していること。
  2. ・年齢が18歳以上で、申請時に31歳未満であること。
  3. ・子供を連れて渡英しないこと。
  4. ・配偶者が、「Youth Mobility Scheme(ユース・モビリティ・スキーム)」の参加者として入国許可を有していない限り、配偶者を伴って渡英することはできません。但し、配偶者もここに示す条件を満たしている場合は、同時に二人で申請することができます。
  5. ・有効なパスポートと資金£1890をもっていること。航空券の購入は、他人からの借金ではなく自己資金で購入したものでなければなりません。
  6. ・英国滞在終了後に、英国を出国すること。
  7. ・以前、「ユース・エクスチェンジ・スキーム(ワーキングホリデー)」か「ユース・モビリティ・スキーム」で渡英した経験がないこと。

以上の条件を満たしている人だけが日本国内において申請することができます。観光ビザ等で入国後、イギリス国内で申請することはできませんので注意が必要です。