PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201803206335

緑色を身に着けてお祝いする『St. Patrick's Day』 〜 カナダワーキングホリデー

 3月も半ばを過ぎ、バンクーバー地方はめっきり春らしくなって来ました。一ヶ月前に積雪があった事が嘘のような陽気で、晴れた日は外にいるとジンワリと汗ばむくらいです。そんな小春日和の先週土曜日(3月17日)、カナダでは「セント・パトリック・デー」を迎えていました。

 元々は、5世紀のアイルランドにキリスト教を布教した司教であり、アイルランドの守護聖人である“聖パトリックの命日”を偲ぶ日として始まったのが『セント・パトリック・デー』です。最初はアイルランドのみで祝われていた祝日ですが、世界各地に散らばったアイルランド系移民によって、世界中でお祝いされるようになりました。特にアメリカのニューヨーク、ボストン(アイルランド系が多い)がセント・パトリック・デーをパレードをしたりして盛大に祝う事で知られています。
この日はアイルランドのシンボル・カラー「緑色」の衣装やグッズを身に着け、大人はアイリッシュ・パブでアイリッシュ・ビールを、子供は緑色のジュースやシェイクを飲んでお祝いします。バンクーバーもセント・パトリック・デーを祝う街ですが、ニューヨーク程ではなく、毎年行われていた「セント・パトリック・デー・パレード」は残念ながら2016年以降、予算の都合で行われていません。

緑色を身に着けてお祝いする『St. Patrick's Day』 〜 カナダワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信
『St. Patrick's Day 5K』
Copyright(C)vancouversun.com

 バンクーバーのパレードは無くなってしまいましたが、毎年この時期にケルト文化(主にアイルランドの音楽・ダンス)を紹介する「CelticFest Vancouver」は引き続き開催されており、それと併せてセント・パトリック・デーをお祝いしています。このイベントでは観衆はセント・パトリック・デーを現すシンボル『シャムロック(クローバー)』をかたどったグッズや、緑色の衣装を身に着けてイベントを楽しみます。スタンレーパークでは『St. Patrick's Day 5K』というチャリティー・マラソン・イベントが開催されるのですが、参加者は全員、緑のコスチュームを着て参加します。

 カナダではセント・パトリック・デー前後になると某大手バーガー・チェーンでは緑色のシェイク、その名も『シャムロック・シェイク』を販売します。味はミント味で、私的には歯磨き粉の味としか思えないのですが、カナダ人はこれが大好き。毎年、このバーガー・ショップでメニューに『シャムロック・シェイク』が登場する度に「ああ、セント・パトリック・デーが近付いているんだな」と思います。


2018年03月20日(火) written by Saori from (カナダ)
Comment(0)


カナダ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]