PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201707046230

文字通りの"Mud Race"!子どもも大人も大はしゃぎ!!  〜 ニュージーランドワーキングホリデー

文字通りの
ぬかるみの車の下もクリアしてます

 冬も真っ盛りのクライストチャーチから先日行われた泥んこレース(Mud Race)をご紹介します。
このMud Raceは毎年恒例で、参加者もとても多く、大人から子どもまで(8歳以上)年齢にかかわらず楽しむことができるレース。
場所は、Agriculture Parkという、クライストチャーチCityから10分くらいの大きな広場。Agricultureというだけに、羊ちゃんや牛など放し飼いにされていて、このMud Race中にも隣の牧場では羊ちゃんたちがメーメー鳴いているようなところです。

文字通りの
車の上も乗り越えます

 当日は運よくマイルドな天気で、寒すぎず風も少なくとってもいい日でした。私は家族が参加するということで、カメラマンとして行きました。服装はというと、もちろん自前です。泥んこになってもいい服、そして靴。Crocsでもいいかなと思いましたが、ウェブサイト上にきちんと”Crocs”だと、競技中失くなる可能性があるので、汚れてもいい靴にしましょうと丁寧に書いてありました。

文字通りの
スライディングもやります

 しかも、こちらNZの人たちはユニークさを忘れません。ベストドレス賞の授賞式もあり、グループで参加している人は、みんなで服装を合わせてピエロの格好をしたり、アフロのカツラをつけて走ったりと・・・ただ、走って間も無くそれも全て泥だらけになってしまってましたので、走った後に表彰台に乗ってもあまりわかりませんでしたが。。
距離はというと、子どもが1.5キロ、大人の部は5キロと10キロと選べます。ただ走るのではなく、あくまでも障害物なので、たくさんの難関があります。泥水の中にいる車の下を通り抜けたり、藁の束の上を登って降りたり、空気圧式のトランポリンに乗ったり。見てるだけで楽しそうですが、やってる本人からするとやってる人が一番面白いそうです。


文字通りの
ところどころに消防車からの
ホースのシャワーでちょっと一休み

 そして、消防車が数台停まっていて、ところどころでホースのシャワーが出ています。そこで少しだけ綺麗になります。。ほんの少しですが・・。
今度は9月にあるそうで、クライストチャーチではとっても人気があるレース。もちろん観光客も参加できますので、興味がある人はぜひ観光がてら参加してみてはいかがでしょうか?



2017年07月04日(火) written by lovey from (ニュージーランド)
Comment(0)


ニュージーランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]