PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201704186200

ベストパブに選ばれたパブに行ってみた! 〜 アイルランドワーキングホリデー

ベストパブに選ばれたパブに行ってみた! 〜 アイルランドワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
アイリッシュミュージックの生演奏

 こんにちは、皆さん。日本は桜が満開になり、もうすでに散ってしまったところもあるのではないでしょうか。こちらは、サマータイムに変わり、時間が1時間進みました。
 つまり、夕方5時だったのが、6時になりまだまだ明るいのです。時刻の変わった翌日は1時間早く起きることになるので多くの人が時差ボケのように疲れを感じるようです。
 しかし、サマータイムになると、夕方どころか、すでに夜8時半くらいまで日が沈まないので、明るい夜が続くのは嬉しいです。真夏(こちらでは、5月、6月ごろ)には午後11時くらいまで日が沈みません。


 さて、今回はガイドブックで有名なロンリープラネットで紹介されたアイルランドで行くべきパブ、ベストパブの一つに行く機会がありましたので、ご紹介しましょう。

 その名も、ハーバーバーというパブで、Brayというところにあります。Brayはダブリン県の隣Wicklowにあります。隣の県ですが、すごく遠いというわけではなく、DARTという電車に乗っていくことができます。

 パブの中は薄暗く、雰囲気のとても良いお店。部屋が3つに分かれており、若者が集まって楽しむところと、アイリッシュミュージックが聴ける部屋そして、真ん中には静かに飲みたい人用の部屋(これは昔のパブの作りのなごり。)と分かれています。


 食べる場所もあり、定番のチップス(こちらではフライドポテトと言わず、チップスと言います。)、タコスやクラムチャウダースープなどお腹を満たす物が十分にありました。値段も特別高すぎず手頃でした。

 さて、アイルランドへいらっしゃる方でよく聞くのが、アイリッシュミュージックに惹かれて、いらっしゃる方が結構いらっしゃるのです。アイリッシュミュージックといえば、タイタニックの映画にも出てきますね。

 観光客の多いパブはどこでもアイルランドの音楽を聴けますが、ここはローカルの人にも人気があるバーで、観光化しすぎてない、良いパブです。

 ここのパブではアイリッシュミュージックが土曜日は午後9時半から12時半まで演奏されています。演奏者で日本人の方もここでご活躍されているので、興味のある方はとても気さくな方なので、ぜひお話を聞いてみてはいかがでしょうか。

 また、アイリッシュミュージックに興味がない方も、バンド演奏が隣のパブの部屋で演奏されています。アイリッシュはコンサートと言わずに、ギグということが多いのですが、お酒を片手に、音楽を楽しんでいる人が多いです。


 一人で飲んでいても、誰かと気軽に話が始められそうなとても雰囲気の良いパブでした。パブの前にはBrayの海岸もあり、景色もいいのです。

 良い音楽は記事ではうまく伝えられませんが、皆さんもぜひ、本物の音楽を聴ききに、足を運んでみてくださいね。


2017年04月18日(火) written by Milly from (アイルランド)
Comment(0)


アイルランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]