PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201703286189

美しい春の季節がやってきた! 〜 イギリスワーキングホリデー

美しい春の季節がやってきた! 〜 イギリスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
マグノリアが満開

 長く暗い冬が終わり、いよいよオックスフォードにも春の兆しが感じられるようになったような気がします。春分を迎え、日が長くなって行くにつれ、気分も春を迎える準備は万全になります。
 とは言いつつ、気温はまだまだ冬並みの冷え込みが続いているイギリス。朝と夜はかなり寒く、日中でもコートはもちろんマフラーも手袋も欠かせませんが、冬時間を終えて夏時間を迎えると、急に日が長くなり人々の心もどこかポジティブになるものです

 イギリスの春の代表的な花々と言えば、水仙に始まりクロッカスやマグノリア、ブルーベルなどがありますが、こうした花々を愛でるものイギリスの文化の一つでもあります。



 よく日本では「日本には美しい四季」があると言われますが、それは日本だけのものではなく、美しい四季があるのはイギリスも全く同じです。また、そうした意見に対して、「日本人は四季の一つ一つの要素を愛でる習慣がある」という反論も聞くことが多いのですが、イギリス人にも四季折々の花や風景、旬の食べ物、飲み物、を楽しむ習慣があります。

 日本には雄大な山々や森林、温泉などがあり、豊かな自然に恵まれているため、身近に季節を楽しむことができるのは確かです。私自信、そんな日本の自然が大好きです。しかし、イギリスも、起伏の激しい山はないまでも、自然が豊かな国ですので「イギリスらしい」季節感を身近に感じる事が出来るのです。


 イギリスももう少し暖かくなってくれば、緑豊かな公園へ行って、芝生の上に寝転がったり、お弁当を持ってピクニックを楽しんだりと、春の訪れを体で感じることができるようになるでしょう。イギリス人たちの、ウキウキとした表情が今から目に浮かんできます。





2017年03月28日(火) written by あっこ from (イギリス)
Comment(0)


イギリス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]