PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201702286175

フランスの墓地 〜 フランスワーキングホリデー

フランスの墓地 〜 フランスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
様々なスタイルのお墓の数々。

 知り合いのお墓参りをするため、パリ18区にある、モンマルトル墓地を訪ねました。
モンパルナス墓地、ペール・ラシェーズ墓地、パッシー墓地など、いくつか有名なパリのお墓はありますが、中でもこのモンマルトル墓地は、多くの著名人が埋葬されている墓地として知られます。








フランスの墓地 〜 フランスワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信
様々なスタイルのお墓の数々。
フランスならでは

 この日、明らかにお墓参り目的ではない、カメラを首から下げた、有名人墓地を見に来た観光客を結構見掛けました。
観光地としても知られているんですね。個人的には、生きているうちに著名人に会いたいですが。








フランスの墓地 〜 フランスワーキングホリデー 3 ワーキングホリデー通信
様々なスタイルのお墓の数々。

 この墓地には、画家、彫刻家のエドガー・ドガ、 映画監督のフランソワ・トリュフォー、バレエダンサー/振付家のヴァーツラフ・ニジンスキー、シンガー・ソングライターで、フランス・ギャルの公私ともにパートナーであった、ミッシェル・ベルジェなどが埋葬されています。
中には、日本人の画家、荻須高徳のお墓もあります。






フランスの墓地 〜 フランスワーキングホリデー 4 ワーキングホリデー通信
中には日本人のお墓もありました。

 墓地内は、通りの名前が付いており、お墓が比較的見つけやすいようになっています。
様々な著名人のお墓を見ていると、中には見事な彫刻が施されているもの、シンプルなもの、どこからも目を引くユニークで奇抜なものといったように、それぞれのお墓のスタイルが異なり、とても興味深いです。






お墓も立派なアートであるフランスは、やはりアート大国であることを再認識させられる有意義な散歩になりました。



2017年02月28日(火) written by Paris Eyez from (フランス)
Comment(0)


フランス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]