PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201702216170

アイルランドの手芸屋さん 〜 アイルランドワーキングホリデー

アイルランドの手芸屋さん 〜 アイルランドワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
水玉模様の生地

 こんにちは、みなさん。もう2月も終わりに近づいてきました。こちらも朝は暖かくなり、花が咲き始め、春の訪れを感じています。空気もやわらかい香りに包まれています。
 暗い暗い冬も終わりを迎え、家で手芸をしていたりしましたが、もうそろそろ外で何かできる日が来るでしょうか。

 今回は、アイルランドの手芸屋さんについてご紹介したいと思います。アイルランドの手芸で有名なのは何かご存じですか?アイルランドでは主に編み物が有名です。アラン編みセーターや、趣味で編み物をする人々も多いです。若い世代の人も編み物ができる人が多い印象があります。

 筆者は編み物は得意ではないのですが、ミシンで何かを作ったり手織りに興味があります。そこで、最近ミシンを買ったんです。

 びっくりしました。お店で売っている種類が少ないこと!オンラインや、中古のミシン屋、個人経営の小さなミシン屋に行けば、シンガーなど様々なメーカーのミシンを見ることができるらしいのですが、大手の手芸屋、Home Focus及び、Hickeysという手芸屋ではブラザーズというミシンのメーカー2つしか販売しておりませんでした。

 糸や、布、毛糸も日本の手芸屋ほど品数が豊富ではありません。(でも、日本ほどなんでも揃っているところも珍しいですね!)色々とセットになっている手作りキットなども少ないです。

 手作りが好きな人にとっては、材料が少ないなあ、と思うかもしれませんが、それでも、何かを手に入れたいなら大手のHickeysが一番色々と手に入るかもしれないです。ダブリンにもコークにもお店はあります。

 布、糸、毛糸などが揃っています。毛糸専門店はUCD大学の近くにありますし、ドレスなど洋服を作るのに必要な布の専門店もStephen's greenの近くにあります。探せば色々とあるのかもしれませんが、店舗は少ないかと思います。


 やはり日本ほど色々と品ぞろえの良い国はかえって珍しいですね。しかし、手作り、編み物の好きな方ぜひ、Hickeysへ一度行ってみてくださいね。

 (写真は、お店で買うことができた水玉模様の生地などです。)

 手作りライフもアイルランドにいる間にエンジョイしましょう!



2017年02月21日(火) written by Milly from (アイルランド)
Comment(1)


アイルランド関連の記事

この記事へのコメント

dackey 2017/09/13/19:38
>ブラザーズというミシンのメーカー2つしか販売しておりませんでした。

そのミシンは、名古屋に本社がある「ブラザー工業」のミシンだと思います。家庭用、工業用ともに世界トップクラスのシェアを誇る、世界的な日本メーカーですよ。日本人として誇りに思ってください。

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]