PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201701316165

サンデーロースト 〜 イギリスワーキングホリデー

サンデーロースト 〜 イギリスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
大きなヨークシャープディングが乗った
サンデーロースト

 イギリスにはサンデーロースト(またはサンデーランチ)と呼ばれる習慣があります。お昼にロースト料理を囲んで家族で団らんのひとときをすごしたり、またパブなどのレストランでサンデーローストを食べたりするのがイギリス人の日曜日の過ごし方です。

 私が学生の頃に滞在していたイギリス人のホストファミリーのお宅では、毎週日曜日のちょっと遅いお昼(午後2時くらい)にサンデーランチを食べていました。いつもは、ご夫婦と下宿している私たち学生だけで食事をとることが多かったのですが、この日は唯一一緒に暮らしていたおばあちゃんと、既に結婚して家を巣立っていた子どもたちが帰ってきて、ダイニングの大きなテーブルで一斉に食事をする決まりになっていました。サンデーランチというものは、何を食べるかだけではなく、どのように過ごすかというのもイギリス人たちにとって大切なことなのだと感じさせられたものです。


 さて、肝心なサンデーローストのメニューは何かというと、ローストしたお肉、ヨークシャープディング、ポテト、そしてニンジンやブロッコリーなどの野菜が一つのプレートに乗って出されます。ローストしたお肉はローストビーフ、またポーク、あるいはラムであったりすることが多いのですが、ローストビーフの場合ホースラディッシュというワサビのようなものをつけて食べたり、野菜やお肉にグレービーソースというタレをつけて食べたりします。


 毎週同じようなメニューになりがちですが、どういうわけかサンデーローストは楽しい。そういう気持ちにさせてくれます。それは「食事」という機会を使って、家族や親しい人たちとリラックスした時間が過ごせるからなのかもしれません。


2017年01月31日(火) written by あっこ from (イギリス)
Comment(0)


イギリス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]