PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201701316164

配車アプリを利用する。 〜 フランスワーキングホリデー

 パリの空港に降り立って、出口を出たら「タクシー、タクシー」とお客の呼び込みをするフランス・タクシー組合の人達を見たことがありませんか?実は、これらの呼び込みは、昨今では全世界に広まった配車アプリサービスに対抗する措置です。配車アプリの代表的な会社は「Uber(ユーバー)」。

 Uberが市場に参入した際は、タクシー組合が大きな暴動を起こすまでの騒ぎになったのは、今でも覚えています。その後、Uberに次いで様々な会社が誕生し、これまでほぼ市場を独占していたフランスのタクシー組合に挑戦状を叩き付けました。

 これはこの業界では革命的な出来事で、この波は未だ止まらず、配車アプリサービスはますますその需要を伸ばしています。現在では代表格の会社が5−6社ほどまでに。そのお陰で、空港までの乗車価格(固定価格)が以前よりも約10ユーロほど下がったり、サービスが拡大したりと消費者の立場としては嬉しいです。去年よりタクシー組合も空港ー市内間の固定価格を導入。乗車を他者と共有して価格が安くなるサービス、企業と直接契約を結ぶサービス、車種が選べるサービスなど、実に多様化してきました。

 ちなみに私は、これらの配車サービスでお世話になった運転手さんの電話番号を入手し、必要に応じて直接連絡を取って送迎をしてもらっています。用途に応じて使い方を変えられる便利な配車アプリサービスは、これからますます進化していくことでしょう。



2017年01月31日(火) written by Paris Eyez from (フランス)
Comment(0)


フランス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]