PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201612206142

ドイツのクリスマスマルクト 〜 ドイツワーキングホリデー

 一年でドイツが最もにぎわう季節、クリスマスシーズンの到来です。

クリスマスマーケットの本場ドイツで有名なクリスマスマーケットと言えば、「世界一有名な、ドイツ南部のニュルンベルク」、「世界最大のクリスマスマーケットと称される、ドイツ南西部の都市、シュトゥットガルト」、「世界最古のクリスマスマーケット、ドイツ東部の都市ドレスデン」の3大マーケットでしょう。
ドイツ国内で150以上のクリスマスマーケットが存在するそうです。

ドイツのクリスマスマルクト 〜 ドイツワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信
ベルリンのクリスマスマルクト

 ニュルンベルクのマーケットは、規模はそれほど大きくないものの、世界中から観光客が集まります。
最も美しいクリスマスマーケットとも言われる、シュトゥットガルトのマルクト広場とシラー広場で行われるマーケットでは、300店近い屋台が並ぶそうです。
そして、ドイツの有名なクリスマスケーキ「シュトーレン」は、1400年頃にドレスデンで生まれたものです。
他にもベルリン、ケルン、カウフボイレン、ローテンブルグ、フランクフルト、ミュンヘンのクリスマスマーケットが有名です。

 様々な都市のマーケットを比べてみるのは、とても興味深いです。
本場のシュトーレン、レープクーヘンなどのお菓子と共に、寒い気候には持ってこいのグリューワインやホットチョコレートを楽しみます。




 日本では以前よりクリスマスを12/25に祝う風習がありますが、本場ヨーロッパでは、12/24に家族でクリスマスディナーをして、12/25の朝に教会のミサに行くのが一般的です。子供、大人を問わず、プレゼントの交換が行われるのも12/25の朝か昼食時です。上記のクリスマスマーケットは、24日に閉まってしまうものがありますので、その前に足を運んで下さい。



2016年12月20日(火) written by Adler from (ドイツ)
Comment(0)


ドイツ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]