PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201611296131

アイルランドの公園で 〜 アイルランドワーキングホリデー

 皆さん、こんにちは。アイルランドの木の葉の色もすっかり変わり、ひらひらと落ちていく季節となりました。日本の天気予報を見ていると、関東は、最高気温が15度もある日がまだあるようで、まだまだアイルランドに比べたら暖かそうですね。

 今回は、アイルランドの公園を散歩して気づいたことについて、ご紹介したいと思います。


 アイルランドの公園は、日本の公園と違って、ブランコや遊具がそろっているところは少ないです。公園も歩いて行ける距離にあるところが少ないんです。どうしてだろう?と色々考えていたんですが、きっとお庭のある家が多いので、公園まで行かずに、子供たちは地元の子を家に呼んで、家の庭で遊ぶことが多いようです。
 
 また、アイルランドでは子供が一定の年齢に達するまで、親が同伴しなければならないことも多いため、子供だけで公園で遊ぶという例はあまり見かけません。

 日本であれば、通学班で学校へ通ったり、子供が8歳‐10歳くらいになれば、子供たちだけで地元の公園で遊ぶのは結構普通のことですが、こちらでは見かけません。

 でも、公園が、住宅地の近くにあればもっと便利なのになあ、なんて思います。こちらは車社会なので、どこへ行くにも車に乗らなければならず、ダブリンの人口は増加しているので、渋滞もありなにかと不便です。

 こんなことに気づきながら、公園を歩いていたら、写真でも見れるように、リスを見かけましたよ。アイルランドの公園は、遊具が少ない代わりに、全体が木で覆われていて、池や、全体が緑の草で覆われているところが多いです。歩いているととても気持ちいいです。


 最近のアイルランドは健康志向の人が多いため、マラソンやウォーキングをしている人もよく見かけます。公園一つとっても、海外と日本では町の作りが違うように、特徴が異なるものです。リスや、キツネなら都会の公園でもよく見かけることでしょう。かわいい小鳥も多くいるので観察してみてくださいね。

 アイルランドは空気も綺麗なので、都会に疲れたらホッと一息つける公園があるのは魅力的です。


2016年11月29日(火) written by Milly from (アイルランド)
Comment(0)


アイルランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]