PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201607316072

大人も子どももみんな楽しい夜の博物館巡り! 〜 ニュージーランドワーキングホリデー

大人も子どももみんな楽しい夜の博物館巡り! 〜 ニュージーランドワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
Canterbury Museum websiteより抜粋

 8月に入り、少しずつ冬の終わりが近づいてきたクライストチャーチより、子ども向けのとっても楽しいイベントをご紹介します。
こちらは南半球ですので、季節は日本と真逆。今はまだ季節では冬ですが後半部分に差し掛かっています。7月にスクールホリデー(日本でいう冬休み)が2週間あり、その時期毎年「Kids Fest」というイベントがあります。そのイベントというのは、たくさんの団体や企業、会社が出資し、子供達に様々な経験ができるような仕組みになっています。無料のものから有料のものまで様々です。例えば、5日間のゴルフレッスン、絵画レッスン、レゴ作りフェスティバル、数日間のスイミングレッスン、ファミリームービーナイトなどなど、本当に様々です。

 今年私が見に行ったのは、子供達が自分で作ったものを売れる、キッズマーケット、自分で作ったもしくは買った提灯を持ってのランタンパレード、そして今回ご紹介する、Mistery Night at The Museumです。

 通常Museumは5時で閉館しますが、その日だけは閉めた後、5時半にまた開館します。そして、子供達は探偵の格好をして登場し、その博物館の中に隠されたヒントを見つけながら、問題を解いていきます。今年は、ダイアモンドを盗んだのは誰だ!?というお題で、博物館の中に飾られているミイラや、ヤギ、中国人の人形や馬などが容疑者であげられていて、その中からダイアモンドを盗んだ犯人を探してきます。

 子どもが楽しめるファミリー向けイベントではありますが、大人もかなり楽しんでいました。私は、、なかなか英語の意味が難しく、悪戦苦闘しましたがなんとか答えを見つけることができました。

ちなみに、これは無料のイベントです。

来年は、もっといろんなイベントに参加したいな。



2016年07月31日(日) written by lovey from (ニュージーランド)
Comment(0)


ニュージーランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]