PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201606136044

ドイツのスポーツクラブ 〜 ドイツワーキングホリデー

ドイツのスポーツクラブ 〜 ドイツワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
ベルリンの市内中心部にある
会員数の多いサッカークラブの練習場

 ドイツで社会人になってもスポーツを続たい人は、会員性のスポーツ団体に入ります。学生時代だけでなく、社会人になっても仕事のあとにスポーツを続ける人がドイツでは多く、陸上競技、サッカー、テニスなどさまざまなクラブがあり、会費も比較的安いのが特徴です。トレーニング費用というものは、トレーナーの質は良い割には、本当に格安です。ドイツで、スポーツフェアラインと呼ばれるスポーツクラブはドイツでは伝統的なものでもあり、会員は町内会みたいにみんなで協力してクラブ内を掃除したり、定期的に年に一度の会議で新案などの決まりごとを話し合い、ルールを守っていくことで、クラブ内の会員同士の絆を心地よく保ちます。

 テニスやサッカーなどのスポーツクラブでは飲み物はもちろんのこと、食事もできるレストランやバーのような場所まであります。料金は普通のカフェの7割程度くらい。また、サッカーのヨーロッパカップやワールドカップなどの大きなイベントが開催されているときは、クラブ内のレストランやバーに、会員たちが集まってみんなで観戦することも多いです。

 さて、ドイツでの子供たちのスポーツ活動のあり方は少々違います。日本の学校だと、通常は放課後そのまま学校に残り、部活動でスポーツをしますが、ドイツの場合は学校のスポーツ系部活動という存在はまれであり、子供たちは地元のスポーツチームに所属します。例えば、日本だとサッカークラブは地元のクラブであることが多いように、こちらではスポーツを楽しみたい子供たちは地元のクラブに所属して、定期的にスポーツを楽しみます。トレーニングは大抵週2回で、シーズン中の週末はほかのクラブとの試合があることがほとんどです。トレーナーもそのスポーツクラブの父兄が担当することもあったり、ほぼボランティアな活動であることも多いです。ベルリンで多くの子供たちがしている人気スポーツというと、サッカー、そして合気道や空手などの武道系スポーツでしょうか。


 ドイツでサッカーは大変好まれていてレベルの高いスポーツでありますが、小学生のころからその才能が認められている子の場合は、ベルリンのいわゆるブンデスリーガーのサッカー12歳以下のサッカーチームに所属し、トレーニングする、または中学1年からスポーツ系の中学校に入学するというチャンスもあります。



2016年06月13日(月) written by まっちょ from (ドイツ)
Comment(0)


ドイツ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]