PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201605176028

シャワーの違い 〜 アイルランドワーキングホリデー

シャワーの違い 〜 アイルランドワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
アイルランドのシャワーシステム

 皆さん、こんにちは。GWはいかがでしたか?アイルランドもだんだん天気がよくなってきて、一番いい季節がもうすぐです。
 日本の大型連休はお盆とGWですが、アイルランドではイースターの時期と、クリスマス。これからやってくる夏休みは皆さんばらばらにとるので、道路が渋滞したり、交通機関が忙しくなるのはあまりないかもしれません。

 そもそも、アイルランドはあまり渋滞がありません。あっても、日本の渋滞とは比べ物にならないですね。一部の道路やジャンクションが渋滞しやすいところはありますが....。

 さて今回は、シャワーについてお伝えします。だんだん暑くなるとシャワーが気持ちいいですよね。日本では、朝と夜両方シャワーをあびる人もいるのではないかと思います。多くの人がご存知のとおり、欧米は朝にシャワーをあびる人が多いです。

 夜シャワーがあびれず、朝あびると、汗をかいたまま寝ていることになるので、個人的には、何年たってもこの習慣には慣れません。

 もう一つ、欧米のシャワーはタンク型が多いです。タンク型とはシャワーを浴びる前にスイッチをおして、お湯がわくまで20分ほど待たなければならないタイプの時間のかかるシャワーです。

 すぐにシャワーを浴びることができないので不便です。しかし、いまだにこのタイプのシャワーを備えている家庭が多いです。また、タンクなので、一人が20分以上シャワーをあびると、おそらく、次の人が使用できるお湯が少ししかないことになります。

 20分あびるとなると、次の人はまた水が温まるまで待つか、一人15分程度として、シャワーをあびるなど工夫をする必要がでてきます。

 確かに不便なのですが、よくよく考えると、私たちは使用する水の量を普段あまり考えていないので、こういう経験はエコについて考えるいいきっかけにもなりますね!



2016年05月17日(火) written by Milly from (アイルランド)
Comment(0)


アイルランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]