PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201604266021

続々と登場するお洒落カフェ 〜 イギリスワーキングホリデー

続々と登場するお洒落カフェ 〜 イギリスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
北欧風デザインがお洒落なカフェ

 いつもなら、忙しくて目的地へまっしぐらに向かってしまうため、実はよく周りを見て歩いていない私。最近は、美しいオックスフォードの街並みにも目もくれない毎日で、ちょっともったいない気もしていました。
仕事も落ち着いてきたある週末、私は久しぶりに中心地へ赴き、目的もなく散歩してみようという気分になりました。フラフラと繁華街を歩いていると、「ソーシャルカフェ」と書かれた看板を発見。オックスフォードは小さな街なので、私はこの街のカフェというカフェを知り尽くしているつもりでした。ところが、聞き覚えのないこの「ソーシャルカフェ」とはいったいなんなのか、思わず気になって看板の案内する方へと自然に脚が向いていました。

 その通りには、私が友人たちと良く訪れるマレーシア料理店があり、またモダン・ブリティッシュのレストランカフェがあります。私が良く知るこの通りに、新しいカフェ!?胸がワクワクしてきます。新しいカフェは、カルト的な人気を誇る雑誌「キンフォーク」から飛びたしてきたような、北欧風ミニマルデザインがトレンディなカフェです。このアーバンな都会の香りがするカフェの登場が、ちょっぴり田舎くささも否めなかったオックスフォードのカフェ文化の刺激になることは確かでしょう。

 しかし、新しいのは「ソーシャルカフェ」だけではありません。街を歩き回っていると、新しくそしてトレンディなカフェが続々とオープンしていることに気づきました。学生を多く要するオックスフォードでは、生徒や教授たちのミーティングの場としても多く使われるカフェ。これからは、そんな環境もお洒落に発展して行くのかと思うと、ちょっと街へふらっと出るのも楽しみになりました。



2016年04月26日(火) written by あっこ from (イギリス)
Comment(0)


イギリス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]