PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201603226004

フランス、ブルターニュ地方のナゾ 〜 フランスワーキングホリデー

フランス、ブルターニュ地方のナゾ 〜 フランスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
ナゾの岩がずらりと並んでいます。
いったいなんでしょう?

 フランス東部の大西洋側にブルターニュと呼ばれる地域があります。ここはフランスでありながらフランスと異なる文化があり、古くはケルト人と呼ばれていた人たちのもの、スコットランド、ウエールズ、アイルランド由来といわれています。そのためここにブルトン語というローカルな言葉が残っているほどです。

フランス、ブルターニュ地方のナゾ 〜 フランスワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信
場所によってはすぐ近くにいけるところがあります
実際に岩に触れることも・・・パワーもらえる?

 そしてここにはイギリスにあるようななぞの巨石遺構があるのです。有名なストーンヘンジのような円形で意味深な、太陽信仰のシンボルと想像力をかきたてられるようなものではなく、なんだか意味不明に巨大な岩が列になって一面並べられているのです。


フランス、ブルターニュ地方のナゾ 〜 フランスワーキングホリデー 3 ワーキングホリデー通信
一番複雑な形をしているのがこれ、
石棺、古墳、貯蔵庫!?

 何のため?岩はどこから?いったい誰が?という質問に答えるのは、ストーンヘンジのような巨大構築物ならなかなか難しそうですが、ここの岩はどうやら地物のようでそれぞれの岩も途方もなく大きい物でもないので、古代の人ががんばって作ったんだなあという親近感さえあります。

フランス、ブルターニュ地方のナゾ 〜 フランスワーキングホリデー 4 ワーキングホリデー通信
これがブルターニュグルメ、
「ガレット」。
お好みの具を入れるところが
ピザあるいはお好み焼き的。

 さてカルナックとブルターニュですが、大西洋の暖流のたどり着く地で夏はいい天気とは聞きませんが冬は温暖でおだやかです。有名なのは海辺だけあってカキ貝などの魚介類、そして独特の海塩があります。塩はキャラメルにさえつかわれます。郷土料理としてはそば粉で作ったクレープ「ガレット」、チーズ、クリーム、ハムなどの入ったシンプルなタイプから中に具をいっぱい入れたご馳走バージョンまでバラエティ豊富です。ご当地のりんごの発泡酒「シードル」とともに。デザートには甘い「クレープ」で。

2016年03月22日(火) written by ichigo 『フランスで暮らす』 from (フランス)
Comment(0)


フランス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]