PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201602165983

フランスでウィンタースポーツをしませんか 〜 フランスワーキングホリデー

フランスでウィンタースポーツをしませんか 〜 フランスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
Tignesのゲレンデからの景色

 寒い日が続きますが、フランスで寒くなって喜ぶのはスキー場で働く方々です。
去年のクリスマス休暇の時期は平年より暖かかったためあまり雪が積もらず、
少し心配されていましたが、年が明けてから寒さが増し、スキー場にもスキー客が戻ってきました。

 さて日本ではスキーよりスノーボードの方が若者に人気のイメージがありますが、フランスでは断然スキー派が多くみられます。
スノーボーダーもちらほらみかけますが、ほとんどの方は初心者です。
Piste(滑走路 ゲレンデ)は日本に比べると標高が基本的に高いのと、規模が大きいのでかなり景色がいいです。
ただ初心者コースでも、日本より難易度が高くなっていると感じました。

フランスでウィンタースポーツをしませんか 〜 フランスワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信
Tignesのゲレンデからの景色

 スキー場にもよりますが私が訪れたTignesでは、リフト券は1日で60€。半日や1週間など様々な選択肢があります。また初心者コースはリフト券なしでもリフトを使用することができます。電子カードがリフト券となり、リフト使用の際にピッっとかざします。
レンタルもスキー場でできます。スキー靴、スキー板、ストックの3点セットで1日20€からありました。もちろん1週間のレンタルの方が割安になります。
スノーボードのレンタルも可能です。

とても印象的だったのは日本のゲレンデでは当たり前のように音楽が流れていますが、フランスでは無音だったことです。また、スキー客は数日ではなく1週間や2週間滞在するのが当たり前のようでした。

 冬にしかできない贅沢なスポーツ、スキー スノーボードを是非フランスでも挑戦してみてください。くれぐれもけがにはお気をつけてください。





2016年02月16日(火) written by MUU from (フランス)
Comment(0)


フランス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]