PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201602025977

イギリスの朝活 〜 イギリスワーキングホリデー

イギリスの朝活 〜 イギリスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
ベジメニューでパワー朝食

 日本では、出勤前の朝に友だちと食事に出かけるなどの「朝活」が話題となって久しいようですが、イギリス人にとっても「朝」は、とても大事な時間のようです。家の外の工事が朝7時半に始まったり、お店は8時頃から空いていたりと、実はとにかく活動が早い、完全な「朝方」傾向になるイギリス人。そんな彼らのためにも、多くのカフェやレストランがブレックファーストメニューを提供しています。

 イギリスには伝統的な料理の一つとも数えられる「イングリッシュブレックファースト」という朝食があります。焼いたベーコンにソーセージ、ブラックプディング、マッシュルーム、トマト、ベークドビーンズ、そして目玉焼きやスクランブルエッグなどを一つのプレートにのせたものです。量もさることながら、こってり感もあり、なかなか食べ応えのある朝食です。

 もちろん週末になるとブランチメニューもちらほら。ブランチ文化はどうやらアメリカから入ってきた文化のようですが、多くのレストランでエッグベネベネデクトやパンケーキなどのブランチ定番メニューを提供しています。


 今回、私も友人とともに「朝活」と題して朝食ミーティングなるものを行ってきました。やっぱり、1日の始まりに食べるもの。できるだけヘルシーなものを食べたい!という気持ちもあり、ローカルでは良く知られている、オーガニックなデリ&カフェへ。ヴェジタリアン・ブレックファーストを食べてみました。ベジタリアンメニューでありながら、満腹感を与えてくれるパワー朝食。これから大仕事!というみなさんにはピッタリなメニューです。お仕事前にしっかりと腹ごしらえしてみるのも、いいものですよ!



2016年02月02日(火) written by あっこ from (イギリス)
Comment(0)


イギリス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]