PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201512015946

世界プレミア試写会・ベルリン 〜 ドイツワーキングホリデー

世界プレミア試写会・ベルリン 〜 ドイツワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
ソニーセンター内がレッドカーペットの
大きな特設会場と化していました。

 今回はベルリンでの世界プレミア‘映画試写会の様子をお伝えします。
去る11月4日、ハンガー・ゲーム・モッキングジェイ・パート2の世界プレミア試写会がベルリンで開催されました。ハリウッド映画なのにどうしてベルリンでプレミア試写会?と思ったのですが、ベルリンでもこの映画の撮影をしていたようです。今一番人気あるハリウッド女優の一人である主役のジェニファー・ローレンスももちろん登場。私は試写会に招待されていたのですが、残念ながら会場に早めに入場したので、本人には会えず、映画館のスクリーンで到着した彼女の様子をライブ映像で見ました。

 スターたちはレッドカーペットに車で到着するなり、そこに待つファンの要望に答えるサインを書いたり、セルフィー写真を撮ったりと、目が回るほどの大忙し。


 さて、私が会場付近に到着すると登場するスターたちを一目見たいファンの人たちであふれかえっており、すぐに受付場所を見つけられないほどでした。会場周辺の警官による取り締まりも殺気だっていました。
ベルリンソニーセンター内の映画館シネスターすべての8つの映画館で、オリジナルサウンドである英語とドイツ語に分けて上映したので、招待人数はかなり多かったのですが、比較的スムーズに入場することが出来ました。

まず映画館内に入ると携帯電話を預け、空港のようなセキュリティーチェックもありました。そして、上映開始時間まで、アルコール、ノンアルコールの飲み物や軽食、アイスなどが飲み放題、食べ放題。さすがドイツ人、パーティーモードで上映前にすでにかなり飲んでしまっている人も多く、上映中もトイレに行く人も。上映終了後は別会場にてのパーティーに招待されましたが、残念ながら私は未成年者連れだったので、今回はキャンセルしました。


 上映終了後外にでると、ファンたちは跡形もなく居なくなっており、ごみが散らばるソニーセンターを歩いて帰ってきました。華やかなプレミア試写会の裏では、スターたちはファンの声に懸命に答えているんだ、とささやかに拍手を送りたくなる夜のひとときでした。


2015年12月01日(火) written by まっちょ from (ドイツ)
Comment(0)


ドイツ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]