PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201509155876

イギリスのルーフトップバー 〜 イギリスワーキングホリデー

イギリスのルーフトップバー 〜 イギリスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
オックスフォードのルーフトップバーから

 バンコクや香港、シンガポールやニューヨークなどで人気のルーフトップバー。高層ビルというイメージのないイギリスをはじめとするヨーロッパでは、ながらくルーフトップで「夜景」を楽しむというコンセプトが根付いていなかったような気もします。

 ただ、そんなイギリスでもロンドンのMEホテルでおしゃれなルーフトップバーがオープンしたのを皮切りに、この「ルーフトップ」というアイデアが若者層を中心に人気を集めているようです。最近高層ビルが増えて来たロンドンではもちろんのこと、都心以外の伝統的な街でも「ルーフトップバー」があちこちで登場するようになりました。まずケンブリッジにオープンしたヴァーシティ・ホテル&スパ。屋上にルーフトップバーを併設する最新ホテルで、ケンブリッジの古い街並みを一望できるというプレシャスな体験ができます。屋上の柵はガラスで出来ており、眼下の景色が邪魔されることなく楽しめます。お天気が良ければ、最高の日光浴もできるでしょう。

 私の住むオックスフォードにもルーフトップカフェが併設されたアシュモレアン博物館があります。ここでは日光浴用のデッキチェアまで用意されています。また1年ほど前よりハイストリートにあるクラブの屋上にルーフトップバーがオープン。オックスフォードの中世的な街並みを見ながらのサンセット鑑賞やライトアップされた荘厳な建築の数々が美しく浮かび上がる夜景を見るのは、ロマンチックな体験となるでしょう。

 高層ビルが立ち並ぶ大都市とは少し違った景色を楽しめるイギリスのルーフトップバー。イギリスに起こしの際はぜひ遊びに行ってみてください。



2015年09月15日(火) written by あっこ from (イギリス)
Comment(0)


イギリス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]