PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201509155875

エスプリ・ディオール 〜 フランスワーキングホリデー

エスプリ・ディオール 〜 フランスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
ジャン・コクトーが
描いたディオール。

 昔と変わることなく今もなお世界中の女性から愛されるフランスの服飾ブランドの中に、クリスチャン・ディオールがあります。そのブランドの創設者であり、数多くの美しいクチュールを世に送り出したクリスチャン・ディオールは、もともとアートに強い関心があり、父親からの援助を受けてアートギャラリーを持っていました。






エスプリ・ディオール 〜 フランスワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信
ベルナール・ビュフェによる
ディオールの肖像画。

 そこではピカソやマックス・ジャコブなどの有名画家の絵画を置いていました。現在韓国のソウルで開かれている【Esprit Dior】展には、彼と交遊のあったアーティストたちの作品が並んでいます。
ディオールのアートへの関心が強いことは、彼の交友関係からも一目瞭然です。マーク・シャガールがディオールを描いたデッサンや、ベルナール・ビュフェによるディオールの肖像画などの他にも、アンリ・マティス、ジャコメッティ、ダリなどとの交流があったことが分かります。



エスプリ・ディオール 〜 フランスワーキングホリデー 3 ワーキングホリデー通信
幼少の頃に見たバラにインスパイヤ
された美しいドレスの数々。

 さすがギャラリーを持っていただけあって、交流のあった名だたるアーティストとの名前に驚かされます。彼独自の美的感覚は、多くのアートを身近に感じることからも洗練されていったのでしょう。
この精神は、近年のディオールのデザイナーにも引き継がれていて、アンディ・ウォーホールの作品とコラボレートしたディオールのバッグも印象的でした。また、ディオールは幼少期を過ごしたノルマンディ、グランヴィルの館の庭やそこに咲いていたバラからインスピレーションを受け、数々の素晴らしいドレスや作品を制作しています。

エスプリ・ディオール 〜 フランスワーキングホリデー 4 ワーキングホリデー通信
アンディ・ウォーホールとの
コラボレーション

 雄大な自然や豊かな文化を持つフランスならではの環境が生んだ偉大なデザイナーの世界に浸ったひとときでした。

2015年09月15日(火) written by Paris Eyez from (フランス)
Comment(0)


フランス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]