PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201509085870

キャリアブレイクとは? 〜 アイルランドワーキングホリデー

 皆さんこんにちは。夏もそろそろ終わりに近づいてきました。アイルランドは最近、朝晩が冷え込むようになってきたので、秋もすぐそこです。

 今年は何十年ぶりの(ぶりの確か、20年ぶりなんてものではなく、もっと長い間隔だったと記憶しています。)冷夏で残念ながら、夏らしい夏はなかったような。すごく暑いという週が何回かあってもいいのですが、野菜も小ぶりにしか育たないような、週末もよく雨が降るといった感じでした。来年は、暑い夏がくることを少し期待しています。

 さて、今回はキャリアブレイクについてご紹介したいと思います。アイルランドの仕事探し、そしてキャリアについて少し見てみましょう。

 新卒で卒業すると、会社へ入社し、社会人になる、という流れが一般的だと思いますが、こちらでは学生が終わると、1,2年どこかに就職して、旅にでて、その後また就職をする、という流れもあります。

 昨今のアイルランドの不景気で、雇用は2015年から若干、安定してきているとはいえ、若者の就職率はいまだに低く、大変厳しい状況が続いていますので、大学院に進学する人も多いです。が、それでも就職はなかなか厳しいです。

 仕事探しは、日本より大変厳しいという感じですが、一度就職すると、有給は充実しているので、休暇もとりやすいです。どの国も良い点、悪い点はありますね。

 ヨーロッパは比較的、労働時間が短く、有給を全て使い切るような国が多いですが、もうひとつ特徴として、アイルランドにはキャリアブレイクというのがあります。

 どんな人も長く働いていれば、疲れてしまいます。アイルランドの企業では、一般的に3年、また5年ほどひとつの会社で働いていると、そのポジションをそのまま保持することができ、半年から1年ほど有給もしくは、無給で休みをもらうことができます。

 もちろん企業によりますが、息抜きをし、旅に出る人もいれば、大学院で勉強を始める人、スキルアップなど、色々なことをするチャンスができるので、非常にいい制度だと思います。

 心のゆとりを取り戻すのにもすごくいい制度です。全ての企業、職業にキャリアブレイクがあるというわけではないですが、今後、この制度がどんどん浸透していき、人々が精神的に豊かな生活を送れるようになれるといいですね。


2015年09月08日(火) written by Milly from (アイルランド)
Comment(0)


アイルランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]