PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201506165829

ダブリンの郊外へその2 キルラダリー 〜 アイルランドワーキングホリデー

 皆さんこんにちは。今年はもう5月、6月なのに、あまり暖かくありません。今年は涼しいままの夏で終わってしまうのでしょうか。太陽がもう少しでてほしいところです。


 今回は、ダブリンの郊外をご紹介します。キルラダリーというCo. Wicklowの中にある、豪邸と庭を一般公開している素敵なところをご紹介します。町でいうと、Brayというところが一番近いです。車がなくてもダブリンバス145で近くまでは行くことができるでしょうし、DARTという電車でBrayまで行き、そこからバスにのって行ったり、歩いていくこともなんとかできる距離かと思います。

 キルラダリーでは毎週土曜日、ファーマーズマーケットがあり、新鮮な野菜や魚、手作りのジャム、手作りの小物やアクセサリーが販売されています。大体のマーケットは倉庫の中で場所を借りてということが多いですが、ここはなんだか洗練された感じのおしゃれなマーケットでした。

 品物もキルラダリーのものはやや高めですが、農家の方が売っているジャムや野菜はそこまで高くなく、良心的な値段です。試食できるコーナーも多くあり、一度足を運んでみるとよいでしょう。


 キルラダリーはファーマーズマーケットが中心なわけではないです。ほかにも見るところがたくさんあり、あっという間に一日が過ぎてしまうくらい大きなところです。

 豪邸があり、そこの庭に入園するには6ユーロかかりますが、価値はあります。特に天気がよい日は、お弁当をもっていってピクニックができますよ。芝生に寝転がりのんびりできる雰囲気です。


 まずは、ファームウォークを楽しみましょう。入り口から入って右側のエリアはファームエリアとなっており、子供用砂場や鶏、りんごの木、畑、養豚などを見ることができます。お子様がいる方にとっては子供と一緒に動物を見ることができ歩くことができるので魅力的です。かわいい動物たちにも癒されます。

 ファームウォークが終わったら、大きな庭とお城のように大きい家が建っているところへ行ってみましょう。庭の中には森もあり、アイルランドの様々な小鳥のさえずりが聞こえます。噴水や芝生のところには人々がゆっくりのんびりと会話を楽しんだり、散歩したりしています。

 著者も普段はオフィスワークで座ってばかりいるので、たまにはこうやって少し郊外へでかけて、新鮮な空気を吸いたくなります。

 ちょっとした観光にもお勧めです。



【関連記事】
ダブリン郊外へお散歩 

2015年06月16日(火) written by Milly from (アイルランド)
Comment(0)


アイルランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]