PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201505195816

ドイツのスポーツクラブ、スポーツフェアライン 〜 ドイツワーキングホリデー

ドイツのスポーツクラブ、スポーツフェアライン 〜 ドイツワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
娘の通うテニスクラブ、小さな小屋内がカフェ。

 今回は、ドイツでの子供と大人のためのスポーツクラブについてのお話です。
日本では、学校の部活単位でサッカーや野球などのトレーニングをすることが多いと思いますが、ドイツではスポーツフェアラインといわれる、大人も子供もスポーツをする団体が数多くあり、スポーツをするというとこの団体に入会してメンバーと一緒にトレーニングをするのが一般的です。

 ベルリン市内での話ですが、日本の各学校にあるような校庭がないことが多く、体育の授業は体育館内で行い、年一年の運動会となると、区内の大きな競技場をかりて行うという学校がほとんどです。
子供たちの通う学校では、吹奏楽部や合唱部のようなクラブはあっても、スポーツの部活は存在しません。学校対抗スポーツ大会は存在しますが、あまり盛んではなく、スポーツクラブで普段から鍛えている子供たちが選手として選ばれて、試合前に特に練習することもなく、部活のように放課後練習することもしないで、学校対抗試合をします。盛んに開催されているのは、スポーツクラブ対抗試合です。

 スポーツクラブでは、たいてい週2回トレーニングが習い事のように行われ、それに参加して鍛えていき、クラブ対抗試合は週末に行われることがほとんどです。子供がスポーツクラブに所属していると、週末は寝坊もしていられません。少年サッカークラブでは、日曜日の朝9時から試合が始まることも多いのです。

 娘は現在テニスクラブに入っていますが、4コートあるクラブ内には、格安に食事もできるカフェもあり、週末はたいていおなじみのコックさんがいて、練習のあとには、今日のお勧めメニューをつくってくれます。暑い日はドイツならでは、クラブ内のカフェでビールを飲みながら試合観戦。大人はビールをベンチにおいて、練習することも!ファミリーメンバーも多く、自分がしてきたスポーツを子供に教えながら、週末などに家族全員で楽しむことができるというわけです。たいていのスポーツクラブのメンバーさんたちはとてもフレンドリーで、知らないメンバー同士でもすぐに話をすることができる雰囲気です。

 テニスクラブというと高級なイメージですが、ドイツのテニスクラブの年会費は決して高額でなく、子供で1万5千円ほどから、大人で年間3、4万円ほどです。それに、トレーニング代も別にかかりますが、これまたお得です。
私たちのような外国人が異国の地で、体を鍛える、ドイツ語を覚えるため、人脈を広げるため、という意味でも、スポーツフェアラインは大変お勧めです。



2015年05月19日(火) written by まっちょ from (ドイツ)
Comment(0)


ドイツ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]