PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201501105740

ミュンヘンから良いお年を。 〜 フランスワーキングホリデー

 パリから電車でミュンヘンへ向かい、そこで年越しをすることにしました。パリを出て約2時間半ほどで、ドイツとの国境近くにあるフランスの都市、ストラスブールに着きます。そこを出ると、すぐにドイツに入ります。

 6時間ほどでミュンヘン駅に到着すると同時にその建物の歴史の重さとスケールの大きさに驚かされます。パリの主要な国際列車が出入りする西駅、北駅などのように規模が大きく、美しいのが印象的です。駅を出ると、雪が一面に積もっており、雪もちらほら降っていました。

 深夜12時が近づくにつれて、ミュンヘンの人々がお祝いするために中心街に出掛けて行きます。バー、レストラン、ホテルなどでは、それぞれ大晦日のカウントダウンのイベントを準備して、年越しに備えます。
ドイツでは人々があまり派手な服装を好まないのが一般的に知られていますが、この日集まった人々を見ると、特別な日であるのでしょうかドレスや華やかな衣装に身をまとった人が大半を占めていました。

 シャンパーニュやドリンクを交わして新たな年を迎えたら、ダンスパーティーのスタートです。今年もみなさんにとって素晴らしい1年になりますように。


2015年01月10日(土) written by Paris Eyez from (フランス)
Comment(0)


フランス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]